フォクトレンダー HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Asphericalの作例・評判・特徴などレビュー!(Voigtlander)

投稿日:2018年8月20日 更新日:

Voigtlander HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Aspherical

特徴

  • 発売 2016.5
  • 絞り羽根 10枚
  • 最短撮影距離 0.3m
  • 最大撮影倍率 0.044倍
  • 質量 375g
  • フィルター径 装着不可
  • 最大径 約φ67.4mm×約68.5mm

その他特徴

  • マニュアルフォーカス
  • 電子接点有
  • 絞りクリック切り替え機構
  • 一体式レンズフード

参考サイト(作例・評判)

デジカメinfo

デジカメwatch
COSINA NOKTON WORLD
レンズが欲しいッ!
スーパー超広角レンズ3本を比較

レンズテスト・レビュー(英文)
DXOMARK
LensTip
OpticalLimits(元photozone)
ePHOTOzine
IMAGING-RESOURCE

新品・中古価格(評価)

マイクロフォーサーズで手にしたNOKTONがフルサイズで使える!

F0.95という度肝を抜く明るさで登場したM43版フォクトレンダー。解放では柔らかい上に被写界深度が浅いため、ソフトフォーカスのようでちょっと違う、なんとも不思議な描写。かと思いきやF5.6ほどまで絞れば単焦点の中でも5本の指に入る屈指の解像力というとても魅力的なレンズでした。

それがついにEマウント(フルサイズ)版で登場です!

電子接点がついたことにより、Exif情報が反映される上に、手ぶれ補正にも対応しているという素敵仕様!

そしてFA Limitedで慣れている30mm付近の画角ってのもいいですね!

ちょっとずつ更新していきます!

-作成中

Copyright© ゆきおみブログ , 2019 All Rights Reserved.