Panasonic LUMIX G X VARIO 35-100mm / F2.8 II / POWER O.I.S.の作例・評判・特徴などレビュー!

投稿日:2018年4月23日 更新日:

Panasonic LUMIX G X VARIO 35-100mm / F2.8 II / POWER O.I.S. H-HSA35100

仕様

  • 発売日 2017.3.10
  • マイクロフォーサーズマウント
  • 絞り羽根 7枚 (円形虹彩絞り)
  • 最短撮影距離 0.85m
  • 最大撮影倍率 0.1倍
    (35mm判換 0.2倍相当)
  • 質量 357g
  • フィルター径 58mm
  • 最大径 約φ67.4mm×99.9mm

その他特徴

  • 防塵・防滴・耐低温
  • Dual I.S.2対応
  • ナノサーフェスコーティング
  • POWER O.I.S.スイッチ搭載
  • インナーフォーカス
  • インナーズーム

隠れインナーズームのスーパー望遠レンズ

個人的なポイントなんですが僕はインナーズーム大好きです。「ズーム時に全長が伸びない」というのは重量が重くなってくればなるほど重要で、インナーズームではない場合、ズームすることでカメラ全体の重心が変わってしまうので手持ちで構えているときはバランスの変化が気になったり、しんどかったり。また、三脚に乗せる際にはきちんと全ズーム域で倒れないことを確認しておかないと、最悪ズームしたら転倒なんてことも。まぁ僕としては構えてる姿が変わらないのが大事だったり(笑)鏡筒をみょーんと伸ばして「今ズームしてます!」ってのあんまり好きじゃないんですよね。

ですが、Pananicの公式ページにはインナーズームであることが記載されていません。もっとアピールしてもええんやで…と思っているんですけどね。

今はモデルチェンジでII型になっていますが、AFと手ぶれ補正の強化、デザインの変更が主な改良点です。

発売直後はライバルが不在だったため大絶賛されていましたが、OLYMPUS M.ZUIKO ED 45-150 F2.8 PROの登場以来あまり話題に上らなくなってしまった感があります。

-マイクロフォーサーズ, レンズのすすめ, 作成中
-

Copyright© IK PHOTO LIFE , 2019 All Rights Reserved.