OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZをレビュー!作例・評判・特徴などを紹介!

投稿日:

OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ

仕様

  • 発売日 2012.1.27
  • 絞り羽根 5枚(円形絞り)
  • 最短撮影距離
    0.35m(通常撮影時)/ 0.2m(マクロモード時)
  • 最大撮影倍率 0.36倍(35mm判換算 0.72倍相当)
  • 質量 212g
  • フィルター径 φ52mm
  • 最大径 約φ57 × 83mm

その他の特徴

  • MSC機構・リニアモーター・インナーズーム
  • 電動ズーム・手動ズーム切替
  • マクロモード
  • 防塵・防滴

OM-D E-M5 IIを買った時にキットレンズとして同梱されていた標準レンズ。もちろん昔使っていました。マクロモードは焦点距離43mm(35mm判換算86mm)に固定される仕様なのでズームしながらマクロをしたいと思っていた人はご注意を。

描写はほどほどですが、35mm換算24mm~100mmと十分な倍率で防塵・防滴、電動ズーム(オリンパスで「EZ」がついていたら電動ズームです)に加え、インナーフォーカス、マクロモードと至れり尽くせりのスペック。特にレンズの好みが決まっていない最初のうちはこれひとつで何から何まで撮れる、という値段の割にいろんな使い方ができる万能レンズ。特にオリンパスの防塵・防滴レンズは値段が高いものや重いものが多いので、値段もこなれて、そこそこ軽いこのレンズは「ガシガシ使える」というのが大きなポイントでしょう。

地味なポイントですが絞り羽根は5枚。コストカットが主な目的でしょうが、光芒好きにはたまらない素敵な仕様かも?

おすすめ記事と広告

-マイクロフォーサーズ, レンズのすすめ, 作成中
-,

Copyright© IK PHOTO LIFE , 2019 All Rights Reserved.