SAMYANG 10mm F2.8 ED AS NCS CSの作例・評判・特徴などレビュー!

投稿日:2018年2月19日 更新日:

SAMYANG 10mm F2.8 ED AS NCS CS

外観

作例

仕様

  • 発売日 2014.12.12
  • 絞り羽根 6枚(円形絞り)
  • 最短撮影距離 0.24m
  • 質量 620g
  • フィルター装着不可
  • 最大径 φ130.9×Φ87 mm

その他特徴

  • マニュアルフォーカス
  • ナノコーティングシステム(NCS)

参考サイト(作例・評判)

デジカメinfo

デジカメwatch

※APS-Cのレビューもあるので注意してください。

DXOMARK
LensTip
OpticalLimits(元photozone)
ePHOTOzine 
IMAGING-RESOURCE

新品・中古価格(評価)

もともとaps-c 用のレンズ。絞り羽根は6枚羽根。12本の光芒もなかなか好きです。重さは620gと相当重いし、フランジバックを合わせるため相当巨大です。最短撮影距離は0.24m。マニュアルフォーカスの割にはマイクロフォーサーズ専用ではないためか、際立った性能とは言いづらいですね。歪曲は結構気になり、人物を写すと苦しい感じ。そして、サムヤンのレンズは距離指標がおかしい個体もあるそうなので買った時には要注意。コーティングもあり、解像力は優秀のようですので値段を考えるとコスパは高いんじゃないでしょうか。

機材価格一覧(比較・評価)

SAMYANG

10mm F2.8 ED AS NCS CS

評価 5つ星のうち 4.0

OLYMPUS

ミラーレス一眼 OM-D E-M5 MarkII ボディー シルバー E-M5 MarkIIBody SLV

評価 5つ星のうち 4.6

OLYMPUS

OM-D E-M5 MarkII用 クイックシュー対応レール搭載 金属製 外付けグリップ ECG-2

5つ星のうち 3.7

-作成中

Copyright© ゆきおみブログ , 2019 All Rights Reserved.