【Luminar 4 使い方】実際に写真を現像してみた!インスピレーションLooksの追加方法などご紹介!

投稿日:2019年11月18日 更新日:

Looks ON/OFF

Luminar 4の使い方をご紹介。

基本的には感覚的に使えるのですが、初めて画像編集ソフトを使う方もいらっしゃると思うので僕のLuminar4を使った現像の仕方を順を追って説明していきます。各項目の細かいパラメータなど現像の参考にしてもらえると嬉しいです。

Luminar 4 | Skylum Software社製 Mac/Windows用|ダウンロード版

ダウンロード・アクティベート

Luminar4ダウンロード

購入時登録したメールアドレスにダウンロードリンクが記載されているのでそちらをクリックして実行。特に変更することも無いので、すべて同意する→インストールでオッケー。

Luminar4トップあとはメルアドを入力して試用版を起動、メニューのアクティベートをクリック。

Luminar 4を購入した時に受信したメールのアクティベートコードをコピペすれば晴れて製品版を使用できるようになります。

ルミナー4で画像編集

画像の選択

Luminarお題今回はこちらの写真を編集してみます。

左上の+ボタンを押して画像を選択しましょう。もしくは、画像のあるフォルダを選択すると一気に読み込めますので、僕はLuminar現像予定というフォルダを作り、このフォルダを読み込みました。

結構昔の我が娘の写真。2年半ほど前かも。Amazonフォトに保存していたのを引っ張り出してきました。便利ですな。

エッセンシャル(明るさ・ホワイトバランス)

ライト

エッセンシャル太陽マークみたいな場所をクリックするとホワイトバランスや色温度、コントラストなどを調整できます。

写真で現像といえばこの項目を調整する感じです。まずはここを調整していい感じにしていきましょう。元画像は

  • 日の入りで空が明るすぎる
  • 娘が暗すぎる
  • 全体的な色がイマイチ

といった感じなので、

ポイント

  • 人物を明るくする
  • 光が当たってる感を出す
  • 明るいところは抑える
  • 暗いところは持ち上げる

あたりを考えながら調整していきます。

こんな感じで現像してみました。

空が白飛びしているのは最初から救えないのはわかってますのでとりあえず忘れておきましょう。こういう失敗をすると次、写真を撮るときは空が飛ばないように露出を抑えて撮影できるようになるはず。

AI補正

エッセンシャルライト編集済

今こんな感じですが、背景のパンチを増やしてみましょう。

ちょっとだけビシッとさせてあげたい、でも…人間はあまり調整したくない。そんな時がLuminar4の真骨頂。AIが人物と背景を判別し、背景だけキリッとさせてくれます

エッセンシャルAI編集済こんな感じですかね。

やりすぎは禁物。背景だけ若干キリッとしました。ボタン1つでできるのが便利すぎます。

クリエイティブ

太陽光

エッセンシャルAI編集済

ここから画面左上に太陽を配置、顔にほのかに光があたるように設定します。

クリエイティブ太陽光最後にエクスポートで出力して保存。というわけで出来上がった画像がこちら。

Luminar4現像済みLooks無

さて、このまま完成でもいいんですが、Looksで仕上げていきましょう。

元に戻したい・やり直したい時(アンドゥ)

アンドゥ

色味や設定を変えたものの、元に戻したい時ありますよね。

ショートカットコマンドであるCtrl +Z(command + Z)で一つ手前の作業に戻せます(アンドゥ)。

また、色々設定を変えてしまって、結構前まで戻したい時もあると思います。その時は右下の時計マークをクリックしてみてください。今まで行ってきた作業の履歴が順番に並んでいますので、元に戻したい作業項目の一つ手前をクリックするとそこまで戻せますよ。

Looksの追加方法

公式ページから購入された方はインスピレーションLooksも同時に手に入れたはずです。

インスピレーションLooks インスピレーションLooks内容

Looksというのはフィルターのようなもので、写真の雰囲気を一気に変えることができます。ここでは

  • EyeEm Creators
  • Marco Grassi
  • Magical Forests
  • Metro Tokyo

の4種類のLooksをluminar 4で使うための追加方法をご紹介します。

Looksのファイルをダウンロード

Luminar4を購入したときに届いたメールにLooksのダウンロードリンクがありますのでダウンロードをしてください。

Looksダウンロードリンク

Luminar 4を起動

Looks追加1ファイル → Luminar Looksコレクションを追加を選択し、先ほどダウンロードしたInspirationLooksPackというフォルダを選択しましょう。

InspirationLooksPackこんな感じで先ほどみた題名のLooksが格納されていますので、まずはCapture Your Wanderlustを選んでみましょう。

Capture Your Wanderlust追加できました。残りの3つも同様に行ってください。

Looksで仕上げる

Looks Soft & Airy済

写真の下にLooksによる変化がサムネイルで表示されています。

Luminarプリセットの横のボックスと下のサムネイルでLooksを変更することができるのですが、今回はSoft & AiryというLooksを適応させてみました。

まとめ Luminar 4すごすぎ

before 現像前

Luminarお題

after 現像後

Looks Soft & Airyまだまだ機能はありますが、この記事ではこの辺で。

僕は今のところLuminar 4をこんな風に使って色々試しています。ただ、見ればわかりますが、影の方向がおかしいですよね。もちろんこの辺はきちんと考えなきゃいけませんね。

太陽の配置は凄まじい機能ですが、十分注意して欲しいという意味を込めて今回こんな現像にしています。ただ、こんな風にトリミングしたら…かなり違和感は減りますね。

Luminar4after

エモい・尊いは作れる(語彙力

Luminar4を使ってみたい!という方は

プロモーションコード→ IKLIFE

でお得に公式ページでLuminar4をゲットできます。ぜひお試しください。

Luminar 4 | Skylum Software社製 Mac/Windows用|ダウンロード版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最後まで読んでくれてありがとう!

ゆきおみ

長女が生まれた時に一眼レフを買ったものの、全然うまく撮れず絶望。3年の猛勉強の末、今ではそこら辺の家電量販店の店員より詳しくなる。我が子を綺麗に撮りたいパパ・ママの役に立ちたい。

おすすめ記事と広告

-現像・画像編集
-

Copyright© ゆきおみのカメラ講座 -IK LIFE- , 2019 All Rights Reserved.