SONYのフルサイズミラーレス一眼α7IIにPENTAXの銘玉FA31 F1.8 AL Limitedを!

投稿日:2017年6月22日 更新日:

α7ii爆誕!!

ついに…ついにこの日がやってきたのです!それは

フルサイズでFA limitedを使うという念願の夢が叶う時がきたのです…!!

FA LimitedというのはPENTAXの誇る至宝のレンズ達。

という三本のレンズを指します。Limited三姉妹という言葉もこの三本。発売からかなりの年数が経っていますが本当に多くの方に愛されてます。さて、疑問に思う人もいますよね。なぜPENTAXのレンズを使うためにわざわざSONYのボディを買ったのか…。

というわけで

ポイント

PENTAXの名レンズをSONYのα7 IIで使うことにした理由

をお伝えしたいと思います!!

撮影の後のひと手間、現像作業。

いい写真に仕上げたいとはいえ、時間はなるべくかけたくない…。

この現像ソフトLuminar 4はすごい機能が満載で、月額料金がかからない買い切りタイプ。Adobeは毎月課金されるのが地味につらいので大きなポイントです。まだ全機能を使いこなせているわけではないですが僕は今後も使っていくつもり。かなりオススメできるのでぜひ読んでみてください。

G1X MarkIII作例
【Luminar 4 レビュー ※割引プロモーションコード有】現像ソフトとして便利で革命的な新機能がおすすめ!今まで1時間かかっていた作業が2分で済むかも!?

続きを見る

フルサイズへの買い替え

今までPENTAX K-3iiを使っていました。

ほとんど不満はなかったのですが、どーうしてもFA31の本来の画角を使いたかった。これに尽きます。どういうことかというと…イメージセンサーの大きさが違うので画角が変わってしまうんです。よく意味がわからない、という方はこの記事を読んでみてください。

【PAPAPAカメラ理論】撮影素子(イメージセンサー)について!サイズの違い・機種一覧!

続きを見る

APS-CのK-3iiではレンズの中心部分のみをトリミングするような形でしか使用できず、31mm×1.5=46.5mmとしてしか使えない!俗にいう35mm判換算ってやつです。これはこれで標準レンズとしていい画角なんですけど…レンズ本来の画角ではないんですね。

実際のフルサイズとaps-cの見え方の違い

APS-C(35mm判46.5mm相当)

フルサイズ(31mm)

とりあえず娘の遊び場所を撮りましたが、上の2枚は全く同じ場所から撮った写真。

これだけ見える範囲が違います。フルサイズの方はパソコンまで見えていますね!これがAPS-Cとフルサイズの画角の違いです。結構違うと思いませんか?フルサイズでは本来の31mmとして使うことができますから、α7iiでそれを発揮できる!というわけです!

α7iiを選んだわけ

外観

icon

特徴

icon

あれ?なんでPENTAXのフルサイズ一眼レフK-1じゃないの?という声が聞こえてきそうですね。そうですね、非常に悩んだんです。悩んだんです。ただ、K-3iiを使ってた時の不満の一つが眼鏡の僕には光学ファインダーは使いづらいなと感じていたんです。PENTAXの前に使っていたカメラがOLYMPUS OM-D E-M10だったので尚更だったのかもしれませんが。

マニュアルフォーカスでピント合わせをするんだったら拡大してきっちりピントを合わせたいという欲求もありまして、最後あたりはほとんど背面モニタでピント合わせする始末でしたから光学ファインダーの必要性が僕にはなくなってしまいました。

そして、ペンタックスのレンズが装着可能なボディ。CANONのボディに装着もできることはできるのですが、PENTAXのレンズは絞りレバーがあったりするのでミラーに干渉したりするボディもあるらしいです。EOS 5D辺りも候補に上がったのですが、加工が必要だったり、干渉の可能性があったりで見送りました。

つまり…

  1. フルサイズのセンサーを使っていて
  2. 電子ビューファインダー(EVF)で
  3. オールドレンズだろうがなんだろうがどんなレンズでも装着可能で
  4. 軽い

と僕の理想に近いα7 iiに乗り換えることにしたのです。

「どんなレンズでも…」というのは、バックフォーカスの短さやミラーレスによる干渉の可能性の少なさ、アダプタの豊富さからくる利点ですが、まぁ難しいことは置いといてとりあえずアダプター用意すればどんなレンズでもくっつくくらいでいいんじゃないでしょうか!千円くらいのオールドレンズでもオッケー!知り合いからレンズを借りまくるのもオッケー!(笑)

重さはさすがミラーレス。もうマイクロフォーサーズのカメラとおんなじ位の重さです。レンズによってはこっちの方が軽いかも?あちこち出かける人にとって軽さは正義。

あ、もう一つ。

  • 安い(フルサイズにしては)

超大事。

多少型遅れになりますが、初代のSONY α7は大特価も大特価!さぁ値段をみてみますよ…

PENTAX APS-C

一眼レフ K-3II

評価 

楽天(価格ナビ)
Yahoo(最安検索)

PENTAX フルサイズ

一眼レフ K-1

評価 

楽天(価格ナビ)
Yahoo(最安検索)

SONY フルサイズ

ミラーレス一眼α7

評価 

楽天(価格ナビ)
Yahoo(最安検索)

SONY フルサイズ

ミラーレス一眼α7 II

評価 

楽天(価格ナビ)
Yahoo(最安検索)

圧倒的なコストパフォーマンス!!

コスパが高いと言われるペンタックス、nikon、canonなど他メーカーと比べてもとっても安い。さすがセンサーを自前で作ってるだけありますな。売れれば売れるだけ安くなる。フラッグシップのα9が発表されましたから買い時だと判断したところ、とーってもいい買い物ができました!

2018.5.24追記

α7 IIIの登場で一気に値段がさがりました。他のメーカーの値段を考えるとこれ以上大きくはそうそう下がらないでしょう。にしても安い…

α7 iiと同時に買ったもの紹介

実はボディと一緒に買ったものがありますので今回はそちらを紹介していきたいと思います。

液晶保護シート

SONY

液晶保護フィルム モニター保護セミハードシート PCK-LM15

評価 

楽天(価格ナビ)
Yahoo(最安検索)

まずは言わずもがな、背面の液晶に貼り付けるシートですね。ファインダーを覗く時に鼻が当たったり、バックの中で擦れたりするのを防止する効果があります。まぁ何よりも

売る時に減額査定されづらい。

中古なんか見てると、液晶にちょっと擦れで色味がおかしくなってるだけで相当価値が下がる傾向にあります。そんなに高くないですから必ずつけておきましょう。ちなみに僕はこの純正のセミハードシートを選択しました。貼りやすくて貼った後も違和感もありません、オススメですよ!

アイカップ

SONY

アイピースカップ FDA-EP18

評価 

楽天(価格ナビ)
Yahoo(最安検索)

これ、実は買う前に大手量販店で感じたことだったんですが、アイカップが硬くて分厚いんです。

眼鏡をつける人にはなかなかしんどくてですね。調べてみると、純正で違う種類のアイカップが販売されていました。

どうやら上位機種のα9に採用されているアイカップのようです。ついでに外れにくくなっているようです。

即交換しました(笑

アダプター

八仙堂

Pentax Kマウントレンズ→SONY Eマウント用 マウントアダプター

評価 

楽天(価格ナビ)
Yahoo(最安検索)

レンズありきでボディを買ってるためアダプターは必需品。アダプターがなければPENTAXのレンズをSONYにつけることはできません。フランジバックを調整するだけなのでただの筒です。他のアダプターを使ったことがないため比較はできませんが、今のところ特に不具合は出てないように思います。

ちなみにこんな可愛いポーチがおまけでついてきます。

中々便利でサブのレンズ入れとしてカバンにいつも入ってますよ。

装着!!

上記、3種とFA31を装備したカメラがこちら!

色味もバッチリ!

自然すぎて何を変えたのかわからないやつ。

ついにできたぞぉぉぉぉぉおおおおおおおおおお!!

撮影する前に

ちょっと設定を変えておきましょう。

MENU → カスタム設定 → 4 → レンズなしレリーズ 許可

電子接点のないアダプターを介しているので、この設定をしないとシャッターを切ることができないので注意です!

他の設定は?

自分の使い方だと、AFを一切使わないのでボタンの設定はマニュアルフォーカスに特化しています。あまり需要はないでしょうから割愛いたしますね!

マニュアル特化の設定紹介ページを作りました!

【2017年12月】SONY α7 IIのマニュアル特化のおすすめ設定!オールドレンズに使えるカスタム例!

続きを見る

まとめ


フルサイズ最高!ひゃっほう!

ちょこちょこ一眼レフとの違いはありますが、フルサイズには違いありません。特に、sonyのAPS-C のNEXやαで

「もうちょっと広く写ればなぁ」と考えているならば!

フルサイズに憧れがある人ー!
乗り換えるなら今ですよ!!!

乗り換えても今持ってるレンズだってアダプター買うだけで全部使えますしお得ですね!

いざ撮影!

…と思ったら。

おや、仲間に入れて欲しそうにこっちをみている奴がいるな…

最後まで読んでくれてありがとう!

ゆきおみ

長女が生まれた時に一眼レフを買ったものの、全然うまく撮れず絶望。3年の猛勉強の末、今ではそこら辺の家電量販店の店員より詳しくなる。我が子を綺麗に撮りたいパパ・ママの役に立ちたい。

おすすめ記事と広告

-SONY E(FF)
-

Copyright© ゆきおみのカメラ講座 -IK LIFE- , 2019 All Rights Reserved.