【SONY α7C レビュー】妻の愛用カメラ!子供撮影に最適なフルサイズミラーレスの決定版です。

更新日:

お知らせ

おかげさまでご相談をたくさん頂けており大変嬉しいで限りです。悩みは一人ひとり違うと思いますので、お気軽にコメント欄・LINEなどでご相談下さいませ。子供の撮影に限らず、僕のカメラの知識を総動員してお悩みに回答いたします!

子供の写真を綺麗に撮りたい!

そういう質問には必ずα6400をオススメしてきましたし、これからもそうしていく予定です。α6400以上に満足いくAF性能を持ちながら、これほどコスパの高いカメラは今後も現れないと思います。

しかしながら、α6400にも弱点がもちろんあり、

悩み

  • あまりに暗いと綺麗に撮れない
  • もっとボケが欲しい
  • 予算はある!もっといいカメラはないの?

ブログを続けていく中で不満点をコメントをいただいたり、自分がα6400を使っていてここが後もうちょっと…という場面に出くわすのも事実です。

そんな中、2020年10月。ついに発売されましたα7C。発売日に購入し、ようやく記事が書けるくらいまで使ってきました。

SONYのフルサイズはこれまで全て一眼スタイルの中央にファインダーがあるタイプでしたがα7Cは上面がフラットになり、まさにα7IIIとα6400(α6600)とのいいとこどり!という機種になっています。この記事では

ポイント

  • α7Cを選んだ理由
  • お得で安心な購入方法
  • 実際の使い勝手、弱点や欠点

などを紹介しています。気がつき次第追記していきますのでご了承ください。

妻がズームレンズが苦手で単焦点レンズが好きなのでFE35mm F1.8という純正レンズを愛用中。この記事ではほとんどの写真がこのレンズで撮影されています。日曜日の何気ない瞬間ですが、すごく印象的に撮れました。小型軽量のα7Cと相性バッチリ。

なお、小型・軽量の新開発ズームレンズが付いたキットレンズを購入しております。非常用としてカバンの中に入ってますが全く邪魔になりません

我が家のα6400の地位を奪ってしまったα7C。ネット上では色々言われているみたいですが自信を持ってオススメできますよ。

また、ソニーのカメラ・レンズはソニーストアで買うのが一番お得で安心です。後半で詳しく説明していますが、ソニーストアなら

ポイント

  • 故障以外も保証する安心保証
  • 月々の支払いを抑える支払い
  • 新規登録で10%割引クーポン

と特典だらけ。ほかにも清掃・点検サービス、下取りの優遇など購入後のサポートも手厚くなっているのも魅力的。

分割手数料無料のキャンペーン中なので10%割引クーポンと併用して使えばさらにお得ですね。

ソニーストアのメリットはこちら

なお、ソニーでは10/22からキャッシュバックキャンペーンがスタート。今回は対象のボディが少ないですがレンズの単品購入もあるので通常時よりお得なのは変わりありません。ボディとレンズを同時購入するとさらに追加で1万円キャッシュバック金額が増える組み合わせがありますので要チェックですよ。

icon icon

 

撮影の後のひと手間、現像作業。

僕はLuminarを使用しています。今までAdobeのLightroomでしたが、Luminar AIは便利で素敵な機能が満載なうえ月額料金がかからない買い切りタイプ。(Adobeは毎月課金です)

  • いい写真にしてみたい。
  • でも時間はかけられない
  • 失敗写真をなんとか救いたい

そんな写真があるならいろいろな機能や現像方法を紹介していますので、ぜひ読んでみてください。今なら9/19までの限定特別販売もやってますよ。

SONY α7Cの特徴・購入したポイント

相変わらずSONYの公式動画は魅力たっぷり。妻の愛機となった理由が

ポイント

  • 子供の動きについていけるAF性能
  • 暗くても撮れる耐高感度性能
  • フルサイズなのに軽くて小さい
  • 安心の保障制度

の4つです。ひとつづつ紹介していきます。

最高の瞳AFとリアルタイムトラッキングAF

α6400の時に度肝を抜かれたSONYのAF性能。

特にリアルタイムトラッキングAFはα7 IIIで使用することができず、かといって搭載されているフルサイズの機種はα7III以降の高性能機種のみでしたのでかなり高額になっていました。

その機能がα7Cには搭載されています。このリアルタイムトラッキングAFはタッチパネルと組み合わせるとタッチトラッキングという名前で使用できるのですが、とんでもない機能です。

使い方は簡単。操作カスタム2の設定、タッチ操作時の機能をタッチトラッキングにするだけ。何とこれだけで…画面のピントを合わせたい物をタッチするだけで勝手にピントを合わせ続けてくれるモードになります。つまり

ポイント

  • 子供がどんなに動き回っても
  • 車のスピードが速くても
  • 間に障害物が来ても
  • どんなにカメラを動かしても

タッチした被写体のピントを追尾して合わせてくれます。激しく動く被写体のピント合わせが劇的に簡単になりピントが合ってない写真が激減するだけでなく、中心でピントを合わせた後の構図変更によるピントのずれ(コサイン誤差)も回避できます。

つまり…いつでも、どんな撮影でもピントがバッチリの写真が撮れる!

この写真なんか、左に見える柱の周りをぐるぐる回ってる時の一コマです。見えない位置から突然シャッターチャンスがやってくるので実はめちゃめちゃ難しいですが、顔、瞳にばっちりピントあってますよね?

いろんなカメラを使ってきましたがSONYのAFシステムは本当に一歩抜きん出ている印象です。もし今ピントが合ってない写真が多い…と悩んでいるなら一度SONYのAFを使ってみて欲しいですね。

α6400作例2
【SONY α6400 レビュー】3年でカメラを5台買い換えた僕がたどりついた、初めての方にもオススメのミラーレス一眼!いろいろ比較したけどα6400が最高のコスパです。

続きを見る

関連

SONYの高性能AFについてはα6400のレビューページで詳しく紹介しています。一眼レフでカメラに挫折しかけた僕を救ってくれた機能なんですよ。

暗闇や激しく動く被写体に対応できる耐高感度性能

高感度ってのはISO感度が大きい時の状態を指します。

基本的にカメラに入ってくる光の量が足りずセンサーの感度をあげることで少ない光でも画像として残しているという状態で、カメラ的にはかなり無理をしている状態。無理をしているくらいなのでノイズが入り、画質が低下してしまいます。

光量が足りない状況

  • F値が大きい
  • シャッタースピードがかなり早い
  • 夕暮れ・夜・屋内でそもそも暗い
  • ストロボが使えない

といった状況では適切な光を取り込めず、ISO感度を上げて対応することになります。

ストロボで無理やり明るくできるならそれに越したことないのですが、望遠レンズはそもそも光が届かないですし、水族館などではストロボ不可の場合が多く暗い中で撮影せざるを得ない状況もあります。

そうなると耐高感度、つまりISO感度を上げても画質が落ちない性能というのは非常に大事です。

基本的にはセンサーの大きさ、光を受け止める面積で耐高感度性能というのは大きく変わり、マイクロフォーサーズよりもAPS-C、APS-Cよりもフルサイズの方が高感度の描写の画質が悪くなりにくい傾向にあります。

α7Cはフルサイズセンサー、そして光を受け止めやすい裏面照射型のセンサーを使っていますので暗がりでも十分な画質で写真を撮ることができます。

ちなみに先程の大根おろしでつくったシマエナガの鍋。ISO感度はいくつだと思いますか?

なんとISO5000です。

確かに暗い部分にノイズは見受けられるんですが、結構使える画質だと思いませんか?

持ち運びが便利なフラットトップの形状

α7Cの最も優れたポイントの一つがこの形です。

突起が少ないので本当にいろんな場面で便利です。カバンからスムーズに取り出せるだけでなく、カバンもひとまわり小さい大きさでも入ってしまいます。

これまでのSONYのフルサイズはやはり、(他社に比べたらかなり軽いですけど)大きく重いボディでした。α7Cの大きさになって、心から荷物の多い親御さんにおすすめできるカメラになったと思います。

これまで使っていたカバンにスッと入って重さも許容内。これだけでも十分な価値がありますよね。

おすすめの単焦点・ズームレンズ

SONY FE 35mm F1.8 SEL35F18F

文句なしでこれですね。最初にお伝えした通り、この記事はほぼこのレンズで撮った写真です。

最短撮影距離も短く、写りも素晴らしい。それでいて良心的なお値段。つけっぱなしで満足できます。α7Cに関していうと、このレンズ以上に明るいレンズ(F1.4やF1.2のレンズ)は屋外で絞り開放で撮るとシャッタースピードがかなり高速、もしくは限界を超えて露出オーバーになる可能性があります。

その場合NDフィルターが必要になる場合があるうのでそういう意味でもこのレンズがベストかと。

2021.3.24追記

コンパクトな単焦点がSONYから3本発表されました。

どれもほぼ同じ大きさで重さ150gちょいって感じで超軽量。特に24mmはキットズームよりも広角なので動画用に最適かもしれませんね。

SONY FE 28-60mm F4-F5.6 SEL2860

α7CのキットレンズFE28-60mm F4-F5.6ですが、なかなかどうして優秀。

沈胴式なので移動時は本当に小さいカメラになってくれます。とにかく荷物を減らしたいときの相棒で、写りも満足できますよ。

TAMRON 28-200mm F2.8-5.6 Di III RXD / Model A071SF

TAMRON (タムロン) 28-200mm F2.8-5.6 DiIII RXD/Model A071SF

高倍率ズームになりますが、写りがとてもいい素敵なやつ。

サイズも大きすぎず、サードパーティ製なのでお値段もお安い。先の2種と比べるとAF性能がちょっと微妙かなぁ…とはいえSONYのフルサイズを使っているなら持っていて損はないレンズです。

SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN Art

【SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN Art レビュー】コスパ最高の新時代標準ズーム。純正にこだわらないのなら間違いなくベストなレンズです。

続きを見る

知人撮影用のアルティメットウェポンSIGMAのArtズーム。

一切不満なく撮影できるのに値段も(純正と比べると)かなりお買い得でめちゃくちゃオススメです。

子供相手だと低い位置から撮影することが多いので親指シャッターというスタイルを身につけました(笑)

SIGMA (シグマ) 24-70mm F2.8 DG DN Art ソニーE用

おまけ おすすめのアクセサリ

カメラと一緒に買っておいてた方がいいものを紹介しておきますね。

  1. データ保存用のSDカード(4K動画対応)
  2. 傷や汚れから液晶を守る保護シート
  3. ボディの傷防止のケース
  4. 持ってて安心な予備バッテリー+充電器
  5. レンズを傷や汚れから守るプロテクター
  6. 使いこなし本・マニュアル

いろんなメーカーから色々出てますが、僕のオススメはこんな感じです。

SDカード

SanDisk(サンディスク) SDカード 64G Extreme Pro 超高速170MB/s class10 UHS-I U3 V30

α6400は4K動画が撮れるのですがSDカードの選び方を間違えるとと撮れません。

もちろんこのSDカードは大丈夫。

バッテリー・充電器

SONYのカメラはバッテリーが空っぽの状態で発送されます。

なので家に到着したらまず充電しなければいけません。新品のカメラが届いたのに数時間使えない…という僕みたいに悲しい目にあいます。

予備バッテリーはかなり便利ですので充電してボディを待ちましょう。

液晶保護シート

液晶の傷は売るときに査定に響きます。最大20%ほど減額されることもあるようです…こだわりがなければ保護シートを装着しておいたほうがいいかと。

新品の一番綺麗な状態のときに装着してあげてくださいね。

種類もいろんなメーカーから色々出てますが、ことSONYについてはこの純正保護シートが1番でした。もちろんタッチパネルに対応してますし貼り方も簡単、空気の抜け方も上手で仕上がりがすごく綺麗に貼れますよ。

ボディカバー・保護ケース

今のところ良さそうなケースは僕はまだみつけられておりません。見つけ次第アップしますね。

僕は使っているカバンにインナーケースを入れて簡易カメラバックとして使っています。使い慣れたカバンにカメラを入れても傷がつかないのですごく便利ですよ。

レンズプロテクター

ズームレンズ用

単焦点レンズ用

HAKUBA(ハクバ) 55mm レンズフィルター XC-PRO 高透過率 撥水防汚 日本製 レンズ保護用 CF-XCPRLG55

個人的にキャップは家においてプロテクターだけつけて外出します。

キャップ外してポケットに入れる時間でシャッターチャンスを逃したくないですからね。

ストラップ

ピークデザイン L-BL-3 リーシュカメラストラップ ブラック [Peak Design Leash スリングストラップ/セキュアストラップ]

ソニーのストラップが付属していますので基本的には必要ありませんが、僕はピークデザインのストラップを愛用中。

このリーシュらストラップ自体がそんなに太くないので使いやすくスタイリッシュ。α7Cくらいの大きさ・重さならベストだと思います。

底面にアタッチメントを取り付け、そこにストラップを通すとボディに欠けた時にレンズが下向きになります。レンズが下を向いた分だけ他のものにぶつかりにくくなるうえ、手元で長さの調整ができますのでさらに破損を防げるはず。

疲労もたまりにくくなるのでちょっと価格は高いですがオススメですよ。

おまけ 動画用ジンバル(スタビライザー)

α7Cには手振れ補正がないので移動しながら動画撮影をするときにはジンバルがあると滑らかな動きになりますのでとても見やすくなります。

あたりが悩みやすいところだと思います。かくいう僕もいろんな動画・YouTubeみましたが、正直撮影者の腕の差がハッキリ出てくるのであんまり参考にならなかった(汗)上手い人は何使っても上手。

結局僕は性能云々よりも、軽く場所を取らず拡張性・機動性の高いZHIYUN(ジウン)を選びました。なるべく重いもの持ちたくないので。

ハンドルが脱着できるので両手で安定させられるし、なにより子供の目線で撮れる吊り下げ状態への移行がとても簡単で楽なのがポイント。

妻にも撮影してもらいましたが「思ったほど重くないし、楽しい」と言ってもらえたので、子供と一緒に動くなら1000g未満が目安になりそうです。

参考

せっかくなので手持ちジンバルの重さを調べてみました。ジンバル本体の重さなので、ここにアタッチメントを装着するとさらに重くなるのでご注意を。

  • DJI Ronin-SC…830 g(2019.7.17)
  • DJI RONIN-S…1.46 kg
  • DJI RS2…1.3kg(新)
  • DJI RSC2…1.2kg(新)
  • ZHIYUN CRANE 3S…2470g
  • ZHIYUN CRANE 3 LAB…1880g
  • ZHIYUN CRANE 2…1250g
  • ZHIYUN WEEBILL-S…926g(2019.1011)
  • ZHIYUN WEEBILL LAB…970g(2019.1.25)
  • ZHIYUN CRANE M2…500g(2019.8.30)
  • ZHIYUN CRANE Plus…950g(2018.9.7)
  • MOZA Air…1.1kg(2018.5.26)
  • MOZA AirCross…896g(2018.5.26)
  • MOZA AirCross2…1050g(2019.12.28)
  • MOZA Air2…1.6kg

この分野は進歩が異常に早いので、2018以前の古めの機種はやめておいたほうがいいです。

ま、僕が持ってるのはその旧機種のWEEBILL LABというジンバルなんですが、正直今買うなら

  • 軽いレンズを使うならCRANE M2
  • そうでないならWEEBILL-S

のどちらかです。WEEBILL-Sは各部モーター出力向上、アームの長さの最適化など確実に使いやすくなっているのに値段はほぼ変わらず。僕が持ってる古いWEEBILL LABをわざわざ買う必要はありません。

正直くやしい。買い替えたい。つらい。

Zhiyun(ジウン) WEEBILL-S スタビライザー 標準版 デジタル一眼レフ・ミラーレス専用3軸ジンバル
Zhiyun(ジウン)Crane-M2 カメラスタビライザー 3軸手持ち ジンバル

SONYのカメラのお得な買い方

では、α7Cはどこでどんな方法で買えば一番お得に購入できるでしょうか?僕は

ポイント

  • ソニーストアで
  • ズームレンズキットを
  • 長期保証(ワイド)に加入して購入

という結論になりました。実際僕はこのとおりに買ってますがいい買い方したなー!と感じてますよ。

損せず負担を少なくする買い方

icon

ソニーの長期保証(ワイド)に僕は必ず入ります。

というか、この保証のために僕はSONYのカメラは毎回ソニーストアで新品を買います。安く済ませたいなら中古を買えばいいんですけど、ちゃんと理由があるんです。

それは、この長期保証(ワイド)。なんと破損しても無料で直すことができるんですよ。

ポイント

  • レンズ交換で手が滑って落として破損しても大丈夫
  • うっかり三脚倒して水没させても大丈夫
  • レンズに砂・ほこり・塵が入っても大丈夫

無料ですよ、無料。

自分の不注意で壊しても保証を使えるなんてはっきり言っておかしいです。さらにαあんしんプログラムは、この長期保証(ワイド)をソニーストアで買うすべてのレンズに適応可能。

iconicon

つまり、ボディの長期保証ワイドαあんしんプログラムに入ることで

  • カメラ本体
  • 今後ソニーストアで買う全てのレンズ

すべてが破損修理の保証対象になります。こんな安心保証はソニー以外ありません

ゆきさん

家電量販店の延長保証は?

自分で壊した場合、メーカー保証・延長保証は使えない

んですよ、知ってました?こういうのもなんですが、○○カメラや△△電気の保証を僕は一度も使ったことないです。その点ソニーストアなら子供がストラップを引っ張ってコンクリートに叩きつけても修理可能。

子供がいる方に最適な保証だと思いませんか?

残価設定クレジット

また、新型をメーカーストアから買うと高くなりがちに思えますが、ソニーストアでは残価設定クレジットの取り扱いも大きなポイントです。

毎月の支払を最低限にしながら、2年後に新型に変えるかどうかを考えれるという支払い方法。残クレって聞いたことないですか?車とかでよく見かけますね。

凄まじい速さでカメラの世界は進歩を遂げてますから状況を見直す良い機会になると思いますし、もし2年してカメラを使ってなかったらソニーに返送するだけ。

ゆきさん

毎月の支払いどれくらいなの?

残価設定クレジット詳細ページを確認してみるとα7Cならレンズキットを選んでも月7000円程度。

月7000円で家族の思い出が綺麗に残せる…何かと現金が必要になる子育て。できるなら余裕は残しておきたいですからね。

ソニーストアのメリットはこちら

α7Cの弱点・デメリット

α6400から見るとフルサイズセンサーになり、高感度に強くなったことで弱点はかなり減ったように思えますが、やはり完全無欠のカメラはありません。デメリットについてある程度知っておいてください。

先幕は電子先幕シャッターのみ

突然難しい言葉を使って申し訳ないです。

カメラにはシャッターが3種類ありますが、どれもメリットとデメリットがあります。

メリットデメリット
メカシャッター安定している超高速では使用できない
電子先幕シャッターラグが減る・ブレの低減高速域以上でボケが欠ける
電子シャッター超高速が使える・無音コンニャク現象・バルブ撮影、ストロボ同期制限有・フリッカー露出ムラ

ざっくり書くとこんな感じ。

α7Cは小型化の弊害で先幕が電子先幕シャッターしか搭載されていません。つまり安定動作の見込めるメカ先幕がないんです。電子先幕のおかげでシャッターラグやシャッターショックが減ったりとメリットも多いですけどね。

電子先幕シャッターのデメリットは先幕(電子)と後幕(メカ)に距離がある状態で高速シャッターを使うことが問題なので、メカシャッターの存在しないα7Cでの回避方法は

ポイント

  • 拡張ISO感度(ISO50)を使う
  • F値を絞る
  • NDフィルターを使用

して高速シャッターにならないように露出調整してやるくらい。

常にムラやボケ欠けが発生するわけではありませんが、晴天の真昼間、太陽がギラギラと輝くような屋外でレンズの絞りを開放で撮影する場合は頭の片隅に置いておいてください。レンズにもよりますが、大体SSが1/1000を超えるような高速シャッターだと影響が出てきます。

同じ仕組みのEOS RPを使っていた時にもNDフィルターは使っていましたが、まだまだ手放せないようです…とか言いながら、妻がND使ったところを見たことはない

ちなみに僕が今使っているNDフィルターはこの2つ。どちらも可変タイプなので手間が減ってとても便利。いつでも装着できるようにカバンの片隅には入ってます。

KANIフィルター バリアブルND2-64 72mm
【ネコポス便配送・送料無料】K&F Concept KF-67NDX2-32 NANO-X バリアブル(可変式 ND2-ND32)NDフィルター 67mm (Xムラ制御タイプ)
ゆきさん

メカと電子の距離差が原因ならどっちも電子で使えばいいじゃん!

という解決法、つまり電子シャッター(α7Cではサイレント撮影をONにすると電子シャッター)を使うという方法もありますが、上図のように電子シャッターには電子シャッターの弱点もあるのでこれはこれで注意が必要でしょう。

こちらは読者さんが送ってくれた画像です。

素敵な写真ですが見事に黄色の縞々が発生してます。これがフリッカーによる露出ムラです。起こさないように…とサイレント撮影をしていたのが原因だったのでサイレント撮影をOFFにすることで回避できました。α7Cはフリッカーレス撮影もありますし。(なお、サイレント撮影とフリッカーレス撮影は同時にはできません)

α7Cに限らず電子シャッター使用時は蛍光灯やLEDによっては発生しますし、動画やカメラの背面モニターでもシマシマが起こることがあるのでフリッカーは覚えておくといいと思います。

ほかにもコンニャク現象(ローリング歪み)とは電子シャッター使用時のセンサーの読み出し速度の差で画像が歪んでしまう現象もあったり。高速で動くゴルフクラブやテニスラケット、車のホイールや扇風機などで発生するのでお気をつけて。

icon

ゴルフクラブがありえない曲がり方してますよね。

RX100IV(DSC-RX100M4)やSONY α9にはアンチディストーションシャッター、OM-D E-M1 Mark IIIなどはかなり影響が少なくなるようにセッティングしてあります。

ファインダーはおまけレベル

icon

僕はファインダーは必須だと思っているタイプです。

屋外の天気がいい時は背面ディスプレイだと光の影響で見づらいですし、やっぱり写真を撮るならファインダーを覗いて撮りたい想いは今でも強いんです。ふとした瞬間にファインダー覗こうとして無いと結構凹みます。

ですので、基本的にはファインダーレスのカメラは買わないようにしてますがα7Cに関していうとファインダーの性能は高くありません。APS-Cのα6400とほぼ同等のファインダーが装備されているのはまぁいいとして、アイカップ(目を当てるところ)がほぼ無いような形。

普通に使えるので特に不満ってほど不満はありませんが、せめてα7系のアイカップが取り付けられるような構造にして欲しかったかなぁ。これも小型化の弊害ですね。

ライバル機との比較まとめ

どんどん追記していきますね。

SONY α7 III / α6400 / α6600と比較

【2020年8月】SONYのAPS-Cミラーレス一眼のカメラボディでもう迷わない!α6500・α6400・α6300・α6000・α5100の違いを比較!おすすめボディまとめ!

続きを見る

子供用撮影カメラとしてどちらが優れているか。

高感度はα7Cはα7 IIIと同程度です。どちらもISO3000くらいまで十分な画質で、ほんの少しα7Cが良好な感じがします。さすが新型のフルサイズ。

ちなみにAPS-Cのα6400/α6600はISO1500くらいが限界です。

AF性能はα7C、α6400/α6600がほぼ一緒。リアルタイムトラッキングAFはやはり便利です。子供撮影では瞳AFがメインなのでそこまで不便に思う機会は少ないですが、顔が認識できない時(横顔や後ろ姿)なんかも実際使っているとあるのでα7 IIIはリアルタイムトラッキングAFが無いのでちょっと下

子供撮影に限っていうとα7 IIIよりα7Cの方がメリットは多いでしょう。

ただ前述のとおりα7Cにはメカシャッターがないのでストロボを多用する方や、大口径の社外レンズを開放で使う方、高速シャッターの機会が多いと露出ムラなど起こる可能性があります。

EOS RP時代から妻は気にしたことないし、僕も念の為NDフィルターを持って行きますが気にするほど機会は多くない印象です。

FUJIFILM X-T4と比較 (2020.5.5追記)

【FUJIFILM X-T4 レビュー】最高のAPS-C機登場!?SONY→フジフイルムに乗り換えてもいい…のか?

続きを見る

2020年4月に発売されたFUJIの最新フラッグシップ。

使ってみたところISO感度の許容に関してはX-T4よりα7Cの方がほんのすこーし上AF性能に関してはα7Cの方がずっと上。リアルタイムトラッキング を超えるAFなんて早々出てくるもんじゃありません。

さらに動画性能は120fpsのスローモーション撮影などはα7CもX-T4もできますが30分制限のないα7Cの方が使い勝手はいいかも。レンズラインナップもSONYが多いです。

まとめ 子供撮影用フルサイズの決定版

まだまだ追記していきますが、本当に良いカメラだと思います。今後ともよろしく!α7C!


  1. さう says:

    はじめまして。
    楽しくブログを拝見させていただいております。
    最近、オリンパスのマイクロフォーサーズから思い切ってα7cを購入し、格闘しているところです。
    被写体は主に小さな子供で、奥様と同じく開放で撮りたいと考えております。
    レンズはFE55mm F1.8なのですが、日中は開放では厳しいでしょうか?まだ外には持ち出せていないので試せていないのですが、NDフィルターが必須なのですかね。。。
    また、電子シャッター?と、1/8000というのは、子供などの被写体を開放で撮るには実用的ではないのでしょうか?
    質問が多くなってしまい申し訳ありません。
    よろしければアドバイスを、お願いいたします。

    • ゆきおみ says:

      さうさん、コメントありがとうございます。
      マイクロフォーサーズからα7Cへの移行、おめでとうございます!使い心地はどうですか?

      さてレンズがFE55とのことですが、割と開放F1.8でも撮れますよ。我が家はFE35がメインレンズですが、割と昼間でも1/4000までで収まっています。今のところNDフィルターや電子シャッターの出番は真昼でかなり強い日差しがある時や、太陽に向けて撮ってる時くらいでしょうか。F1.2やF1.4だと割とツライですが、F1.8だと結構乗り切れる状況が多い気がしますね。

      そうそう、測光方法は何をつかってらっしゃいますか?α7Cの設定のページで紹介していますが、僕は「画面全体平均」というのを選んでいます。子供を撮る場合周りが明るいと少々顔が暗くなってしまうのですが、白飛びも黒潰れもしづらい写真になりやすいのでおすすめです。顔の暗さが気になるなら露出補正ダイヤルで好みの露出まであげるという選択もできますし便利ですよ。

      電子シャッターと1/8000は僕は非常用ですね。電子シャッターはサイレント撮影したい時に重宝しています。ちなみに子供の動きくらいなら電子シャッターのローリング歪みもそんなにでませんよ。小さな子供の動き程度で不具合がでると動画撮影で動く物すべてがダメになっちゃうことになっちゃいますから。(動画は電子シャッターを使用しています)ラケットやバットなどヘッドスピードが速いスポーツものや、車のホイール・扇風機などの回転物、弦などの振動もの、それから電車や野鳥なんかも望遠で激しくカメラを振っちゃうとコンニャク現象は起こるのでそういったものは気を付けておいた方がいいでしょう。

      以上になります。
      使わずにいけることも多いですが、いざって時に撮れないと悲しくなるので持って行ってますが今のところ妻がNDフィルターを使っているのは一度もみたことありません…お守り替わりに持っておいてもいいかも?くらいの感覚なんでしょう(苦笑)あー、失敗したなぁと思ってから買うもよし、念の為買っとくもよし。どういった写真を撮りたいのかにもよるので是非いろいろ試してみてくださいね。

  2. さう says:

    ご返信いただきありがとうございます。
    移行してから日が浅く、まだ室内でしか撮影していないのですが、楽しくて無駄に撮影しています。ただ、やっぱり寄れないですね。笑

    測光方法は電源を入れた時のままで、何かも把握しておりせんでした…。お勧めの画面全体平均というのに変えてみたいと思います。
    という感じの素人ですので、これから勉強しようと思っている次第です。汗
    α7c用のマック本でも出てくれればいいのですが。

    また、NDフィルターについては、やはり色々な状況で試してみないとですね。でも、奥様が使ったことを見たことがないとの事ですので、なんとなく私も行けるのではと勝手に思っていますので、色々と試してみたいと思います。

    • ゆきおみ says:

      さうさん、ご返信ありがとうございます。
      寄れないのはFE55の唯一の不満点ですね…結局寄れるFE35の方使っちゃうんだよなぁ。

      割と設定のページで使い方までご紹介してるのでよかったら読んでみて下さいね。そんな便利な機能が!とか見つかれば幸いです。疑問があったらお気軽に聞いてくださいね。

      子供写真って割と明るめで撮った方がいい写真になりやすいのでそんなに失敗した!ってならないのも必須とは言えない理由の1つです。わざと白飛びさせることもあるくらいですから(苦笑

      色々試してみて、何か気づいたらぜひ教えてくださいね。

      • さう says:

        大きくなったらあまりアップで撮らせてもらえないような気がして、結構アップの写真が多いです。笑

        設定のページなど、色々と見させていただき勉強したいと思います。

        また質問させていただいた際はよろしくお願いいたします。

        色々とアドバイスをいただきましてありがとうございました。

  3. ゆう says:

    はじめまして。
    こちらの記事、カメラを買い替えようと思っている私に非常に参考になり、そして思いっきり迷わせてくれます!
    現在、4歳男子、10歳女子の二人の子供のスナップ写真を撮るのがメインで、OM-D EM-10(初代)+部屋の中で単焦点20㎜(F1.7)、公園遊びで45㎜(F1.8)、子供のイベントの時に 40-150㎜(F4.0-5.6)を使っています。最近、オートフォーカスが遅く感じたり、お花やテーブルフォトを撮るときなど、背景をトロットロにボカした写真撮りたい!って思うことがよくあり、フルサイズへの憧れと、一眼ではないコンパクトさに惹かれて、SONYを買おうかと。。。ほんとにフルサイズが必要か?の記事も読んだうえで、やっぱりα7Ⅲで意思を固めようとしたところに、α7Cが子供撮影に最適!のこちらの記事。どちらにしようか迷います。
    本体が軽い、というのはやはり魅力でα7c+35㎜単焦点の使い方に傾いていますが、発売から数年経っていていまだにα7Ⅲの評価が高いということは、様々な撮り方、シチュエーションや対象に対して、ちょうどいいカメラなんだろうな、とおもったり。ちなみに、EM-1MarkⅢへの買い替え+PROレンズ買い増し、も検討したのですが、ゆきおみさんのレビュー記事によると、「匠向け」ってことで、確かに星空撮ったり、大自然にはばたく鳥を撮ったり…などは、将来もしないと思うと、EM-1は候補にならなさそうです。ということで、伺いたいのは
    『子供撮影だけでなく、風景や街スナップ、テーブルフォトなどを今後撮っていきたい場合も、7cおすすめされますか?』ということです。漠然とした相談で恐縮ですが、7Ⅲか7c、どちらかポチってするために背中を押してください!
    ちなみに、この記事と直接関係ないのですが、カメラを買い替えるときって、それまで使っていたカメラやレンズって皆さんどうされるものでしょうか?新しいものと使い分け?子供のおもちゃに?下取り?(といってもカメラの世界では、5年も前のカメラなんて幾らにもならないだろうな、、)飾る?今でも、OM-Dのデザインはめちゃくちゃカッコいいと思っているので、「飾る」がいいのでしょうかね??

    • ゆきおみ says:

      ゆうさん、コメントありがとうございます。
      お、E-M10ですか!僕も使っていましたよー。可愛くていいカメラですよね。

      さて、α7 IIIか、α7Cかということですが僕はα7Cを推します。
      小型であるだけでなく、α7IIIよりも性能の高いAF、リアルタイムトラッキングAFがα7Cには搭載されています。子供などの動きの早い被写体にはピッタリの機能ですよ。細かい違いはありますが、逆にα7 IIIが優れている点としてシャッターの違いがあります。ここでちょっと確認して欲しいのですが、E-M10でシャッタースピードが1/1000よりも早い写真ってどのくらいありますか?1/2000や1/4000の写真が多いようならα7IIIの方が安定した写真が得られますが、そうでないならα7Cでも全く問題ないと思います。子供撮影も風景でもスナップでもテーブルフォトでも僕はα7Cをお勧めします。実際、妻はα7Cでなんでも撮ってますからね。軽くてよく写る、とてもいいカメラだと思いますよ。

      それから買い替えの時の話ですが、僕は下取りの値段みながら考えます。正直な話、初代E-M10はそこまで大きな金額にはならない(レンズはフルサイズの資金に回してもいいかも?)ので手元に残しておいてもいいですね。娘さんがカメラ使いたい!なんて言い出す日を夢見て飾っておくのも一興かもしれません。ちなみに僕はE-M10のおじいちゃんみたいなカメラ、フィルムカメラのOLYMPUS OM-1というカメラを飾っています笑

      以上になります。
      明るい場面でシャッタースピードは速くなるので、明るめの写真を確認してみてください。問題ないようならぜひα7C使ってみてくださいね。

      • ゆう says:

        ご返信ありがとうございます。ソニーストアに実機も見に行き、手にとった感触、重さなども確かめて、先日、α7c購入いたしました!
        シャッタースピードについても、たまに1/1000あるくらいで、明るい写真でも早くて1/800くらいだったので、性能的にも問題なさそうです。操作に慣れるために、まずはたくさん撮っていこうとおもいます。
        ちなみに、EM10は、手元に残すことにしました。クラシックなカメラらしいデザインはやっぱり見た目が大好きなので、新しいカメラのいい被写体として、スタイリングの小道具として活躍させます!おっしゃるように、そのうち子供たちが興味持ってくれたらいいな。
        この度は、ありがとうございました!

  4. みみ says:

    はじめまして!^_^
    とても詳しく書いてくださっており、読み漁ってしまいました!笑

    今、eoskiss9xiを使い、標準レンズとCANON ①EF50mm F1.8 STM、②EF-S 24mm F2.8 STMを持っています。
    カメラの用途は子供の写真がほぼです。
    動き回る写真も、パーツに寄った写真も撮りたい!と言った感じです。
    追加で買った二つのレンズは、いろいろ調べてから買ったのですが、①はレンズをのぞくと距離がかわって酔いそうになるし、②はピントをあわせるのに時間がかかってしまいます。
    腕の問題も大いにありますが、全体的に満足いく写真が撮れずイライラしてしまいます。笑

    設定も少し勉強しましたが、、カメラのせいではないよ!と言われるとそこまでですが、やっぱり知識と腕の問題ですかね、、、笑

    今のカメラとレンズで練習を積むべきですか?
    今のカメラを売ってα7Ⅲかα7cがほしいなーとおもっています。買い替えても、結局うまいこといかん!で、宝の持ち腐れになりますか?
    もし、買いかえてもてもいいんじゃない?という場合、おすすめレンズはありますか??

    SONYのお店もないので近くにα7を試しに使えるお店もなく、高い買い物なので悩んでます。
    でももっと楽しく、そして子供のいい写真がとりたいです!笑

    • ゆきおみ says:

      みみさん、コメントありがとうございます。
      なるほど、今Kissを使っていて結構不満に思う状況が多いんですね。

      ちなみにα7IIIとα7Cに限った理由とかありますか?α6400も候補にあがりそうな感じなんですが、フルサイズに絞った理由とか教えていただけるとありがたいです。あと、

      ・普段の閲覧環境(スマホとかPCとか)
      ・子供の歳、人数
      ・お子さんの習い事など
      ・予算
      ・今の24mmと50mmのレンズの間くらいがいいですか?
      ・今後挑戦したい撮影分野

      よかったらご回答いただけると幸いです。

  5. みみ says:

    今のkissを買って1〜2年の状況なので、それに不満で買い換えるなら趣味にも本格的にも使えるフルサイズのを買おうかな!と思っていました!

    閲覧環境は基本的にはiPhone、時々子供の写真は印刷したり、フォトブックにしたりしています。

    子どもは4月で2歳、今妊娠中なのでもうすぐ2人になります。2人目のニューボーンフォトを自分で撮りたいと思っており、今ワークショップを受けたりしています!

    予算は、安いに越したことはないですが(笑)ストレスなく長く使えるものなら、30〜40万くらいまでなら〜と思っています。

    今は習い事はさせてませんが、寝ているところなど動きの少ない場面、運動会、公園、旅行なんかが予想される撮影場面になってくるかと思います。あとは、ニューボーンフォトに興味があって、我が子の撮影から少しずつ広げていけたらいいなーなんてことも思っています。

    レンズは、運動会などをカバーできるものと、24〜50mmくらいで単焦点があればいいかなと思っています。レンズはまだ全然調べられてないのですが、TAMRON A071 28-200 F2.8-5.6をちらっと見ていたところです。

    • ゆきおみ says:

      みみさん、ご返信ありがとうございます。
      フルサイズはメリットばかりではありませんので、「フルサイズに移行すると後悔する?」という記事を読んでおいていただけるといいかな、と思いますのでぜひ。

      さて、結論から申し上げますとα7IIIとα7Cなら僕はα7Cをお勧めします。やはりリアルタイムトラッキングAFが本当に便利なので。一度慣れてしまうと他の機種使えなくなるくらいです(苦笑)サイズ的にも新しい家族が増えるのであれば小さいことに越したことないでしょうし。レンズについては僕もtamron 28-200は愛用しています。とっても便利です。これとFE35mm F1.8あたりがあれば、ほとんどの状況は乗り切れるんじゃないかなーと思っていますよ。

      以上になります。
      フルサイズは覚悟が必要ですが、みみさんの環境的にはどうでしょうか?APS-Cのα6400とフルサイズのα7Cで迷うと思うんですが、さきほど紹介した記事を読んだご感想いただけると幸いです。

  6. えび says:

    この前記事をみて、α7cを購入しました!写真にも動画にも非常に満足しています。
    今週末、友人の結婚式なのですが、写真だけ撮るつもりが、動画も撮りたい欲が出てきました!
    4Kで動画を撮って、後で静止画書き出しもアリでしょうか?その方がフラワーシャワーのシーンなども余さず撮れるような気がしまして。RAWでは撮れないと思いますが。。
    ご意見いただければ幸いです!

    • ゆきおみ says:

      えびさん、コメントありがとうございます。
      α7Cにご満足いただけて何よりです、いいカメラですよね。写真と動画についてですが「できなくはないけどこだわると結構難しい」ということはお伝えしておきます。

      動画の設定ではフレームレートの2倍にシャッタースピードを固定する、というのがセオリーになっていて、4K30Pなら1/60、4K60Pなら1/120が適正シャッタースピードになります。これ以上早いシャッタースピードで動画を撮影した場合、自然なブレ(モーションブラーと言います)が少なくなり、パラパラ漫画のようなカクカクした動きになりがちです。

      この辺りが写真と動画を同時に撮るのが難しいポイントで、動画的には少しぶれていた方が自然なんだけど動画から切り出した写真はブレているのを良しとしません。また、写真の場合は背景ボケボケでもそれっぽくなるのですが、動画では多少背景が写り込んでいた方が雰囲気が伝わります。この2点は必ず知識として持っておいてください。

      とはいえ、ブライダルではそんなに激しい動きもない(はず)なので動画で撮って後で編集・切り出しするのもアリだと思います。コツとしては

      ・写真よりも動画は気持ち背景は多めに入れておくと潰しがききます(F4~F8くらいかな)
      ・なるべく自分は動かない(手持ちはジンバルないとブレがきついです)

      かな。高倍率ズームとかあると便利でしょう、単焦点では動けない時間が長く結構しんどいと思います。できれば週末までに色々実験してみてください。写真も動画も…って思うと結構難しいので、本音を言うとどちらかに絞った方が上手くいくことが多いんですけどね。

      最後に、結構大事なことを。

      ・プロの式場カメラマンの邪魔をしない

      です。彼らは当然仕事として写真・動画を撮影しています。なるべく他のカメラマンが入らないようには気をつけているはずですが、後で見返したときに「〇〇さん、カメラ構えて写りすぎ…」なんて思われるのは結構辛い上に尾を引くのでお気をつけて。

      以上になります。
      僕もカメラを携えて結婚式には何度か参加しましたが、意外と「主役以外」を多めに撮影しておくと非常に喜ばれます。主役はプロがいい位置から撮ってますからね。なかなか会えない人、今後会えなくなりそうな人、知らない人。いろんな人が来ますので、ぜひ柔軟な思考で結婚式の撮影に望んでみてください。何よりも楽しんできてくださいね。参考になりましたら幸いです。

      • えび says:

        返信ありがとうございます!
        ブラーは、f値を低くしてシャッタースピード速めで60fpsにすれば、そんなに出さなくても(カクツキは多少ありますが)いいかなーと思っていましたが、よく見たらα7Cは4Kだと30Pしかなかった。。
        写真に専念して、プリントして渡してあげたりしたほうがいい気がしてきました。
        映像は新郎から新婦へのサプライズムービーとしてすでに別で作ったので。。
        F4〜8がいいというのは意外でした。でも確かにゲストの表情も見えたほうがいいですよね。
        友人や小物など、いろいろ撮るようにして楽しみます!

  7. みる says:

    はじめまして。
    いつも楽しく記事を読ませて頂いております。
    非常にまとまりなく悩んでおり、相談にのって頂けないでしょうか。
    現在、OLYMPUS OM-D E-M1(初代)を使用しています。レンズはM.ZUIKO DIGITAL ED 12-40 F2.8 PROとM.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8を使用しています。 
    2歳9ヶ月の娘の写真を撮ることがメインです。
    妻がフラワーアレンジメントをやっており、たまにその作品撮りなどもしますが、比率としては娘の写真が9割です。ゆくゆくは風景なんかの写真も撮ってみたいとは思っています。

    E-M1はとてもコンパクトで気に入っているのですが、いかんせん走り回るようになった娘の動きにAFがついていかないのです。また室内で撮ることも多いのですが、シャッタースピードを早くしないとぶれるけど、ISOを上げるとノイズがでるしという感じでだめ写真を量産しております。あとはもっとぼかしたいという気持ちがあります。どうしても室内で撮ると、片付けてない物が写り込んだりしますので、背景はできるだけぼかしたいなと。

    そこで色々調べたところ、ゆきおみ様のページを発見し、かなり読み漁りました!
    希望は動き回る娘にAFがついてけること、比較的暗い環境でも撮れること、そしてできるだけコンパクトにしたいの3つです。
    AFを考えるとαシリーズが最良。コンパクトを考えるとα6600やα6400。ですが今はα7cがでたので、これはα7cで決まりと自分で一度は結論づけたりしてみました。なのですが、実はRX1RIIやライカQ2に強く惹かれています。小さなボディに専用設計のレンズがついてくること、また画素数が多いことで一つのレンズでクロップしながら使えてしまうというスタイルにとても魅力を感じています。でもRX1RIIもQ2もAFの性能は今ひとつと考えると、購入に踏み切ることができません。もしRX1RIIの新機種がでたらなら飛びつきそうなのですが・・・。
    そこでいっそのことα7RIVまでいってしまい、コンパクトな単焦点を買って同じようにクロップしながら使うというのはどうだろうかと悩んだりしています。でもこのスタイルだと、例えば35mmをクロップして50mmになったとしてもボケ量は35mmのままとなるので、やはりきちんとレンズを交換すべきなのだろうかと。我ながらものぐさと思うのですが、一度レンズを付けるとずっとつけっぱなしにしてしまい、なかなか交換しないのです。そう思うとレンズを複数本買って、状況に応じて付け替えるということは、結局あまりしないのではないか、などなど。
    考えが全くまとまらず、グルグルしております。
    よろしければなにかアドバイスを頂けないでしょうか。
    よろしくお願い致します。

    • ゆきおみ says:

      みるさん、コメントありがとうございます。
      OM-D E-M1からSONYへの移行で悩んでいる、とのことですね。

      僕も初代E-M1は使ったことありますし後継機のmark2、mark3のレビューを書いておりますが、満足いくAF性能はmark3だけでした。3歳児は本当に難しいですよね…汗。で、ボケの量なども考えると今はα7C、α7R IV、RX1R II、LEICA Q2で悩まれていると。

      おっしゃる通り、本当に子供を撮影のメインとするならRX1R II、LEICA Q2は控えておいた方がいいです(苦笑)すごく気持ちはわかりますけど。RX1R IIをお使いで最近α7Cを購入された読者の方がいらっしゃるのですが、「AF性能が段違い」とご連絡いただきました。動きもの撮るなら最新AFを積んだ機種がとっっっても有利です。ちなみにその方とも「RX1RIII出ないかな…」って結論になりました(笑)僕はLIECA Qは使ったことありますし、レビューもしていますが…子供撮影には僕は勧めません、修羅の道なので(笑)抱っこして蹴られたら泣きたくなりますし…

      それからクロップによる擬似レンズ交換についてですが…先にお伝えしておくとフルサイズの単焦点、おぞましくボケますよ。F1.8でマイクロフォーサーズ0.9の相当、F1.4ならマイクロフォーサーズF0.7相当。E-M1だとそんなに絞ることもないと思うんですが、フルサイズだと「ボケすぎるからちょっと絞ってもいいかも」なんて贅沢な悩みが生まれるくらいです。この辺りの理由もあって画素数こそ落ちますがクロップしても十分使える画になることが多いように思えます。

      また、ちょっと制限はありますが超高解像ズームという1.5倍までズームする機能もSONYにはありますのでそういった機能を使うのもアリかと。例えば35mmなら50mm付近まで画素数を落とさずに自由に行き来できます。

      α7RIVは6000万画素級なのでかなりデータとしては重く、パソコンやSD、ディスプレイなど高価な物が必要になっていくでしょうから結構な覚悟が必要です。「そんなに画素数いらない」って方もかなりいらっしゃる傾向があるので頭の片隅に置いておいてください。4Kですら800万画素、8Kですら3200万画素しかないですからね。

      個人的にはα7CとFE 35mm F1.8あたりでSONYのフルサイズを体験してもらいたいですね。そこからステップアップしていくのも悪くないと思いますよ。いろんな性能の進化にぶったまげると思いますよ。ぜひSONYの沼へお越しください(笑)

      以上になります。
      悩みはつきませんが楽しい時期です、ぜひたくさん悩んでくださいね。参考になりましたら幸いです。

  8. みる says:

    ゆきおみ様、さっそくの返信ありがとうございます!
    私もRX1RIIIは出ないと思いますし、Q2に関してはQのレビューを拝見して、ポチりそうになっていたところを踏みとどまることができました。
    確かに抱っこして蹴られたら泣きます・・・。Q2は老後の楽しみに撮っておくことにします。

    フルサイズと単焦点の組み合わせ、おぞましくボケるとのこと。それを聞いてクロップによる擬似レンズ交換案で行こうと思います。画素数についてはそこまで大きく印刷したりするわけではないので、6,000万画素はやはりスペックオーバーかと思いました。ということでボディはα7cでいこうと思います。
    ようやく決心をつけられました。ありがとうございます。

    そこでなのですが、再びアドバイスを頂きたいのです。
    自分がズームレンズを使っている画角を振り返ってみたところ、フルサイズ換算で30〜35mm近辺と70〜80mm近辺のどちらかで撮っていることがほとんどでした。そのため、まずはその近辺のレンズをそれぞれ購入してみようかなと考えていました。
    50mmあたりはそれこそクロップや教えて頂きました超高解像ズームを使えばいいかなと思っています。

    おすすめのレンズとしてFE35mm F1.8を上げてくださいましたが、35mm以下は撮れなくしても、やはりおすすめのレンズとなるでしょうか?
    ゆきおみ様のレビューを拝見して、コンパクトでとても良さそうだと思っており、候補の一つには考えていました。でも、もう少しだけ広角よりで撮れるおすすめのレンズがありましたら教えて頂けないでしょうか。また同じく70〜80mmあたりでおすすめのレンズも教えて頂けますとうれしいです。
    あと、ちょっと矛盾してしまいますが、ずっと単焦点と書いてきましたが、絶対に単焦点にこだわっているというわけではないです。ズームにすると大きく重くなりがちですし、明るさを考えると単焦点の方が有利かなと思って単焦点と書いていました。なのでズームがおすすめでしたらズームをあげて頂いてもかまいません。たとえば広角側だけズームにして、標準以後は単焦点にするなどの組み合わせとかになってもかまいません。
    いろいろとわがままばかり書き連ねてしまい、すみません。
    よろしくお願い致します。

    • ゆきおみ says:

      みるさん、ご返信ありがとうございます。
      ですよー、LEICAは蹴られると泣きますよ。不用意に机の上にも置けませんよ。レンズを平気でベタベタ触られますよ…笑

      さて、レンズについてですが、コンパクトさを重視するならα7CのキットレンズFE28-60mmもサイズの割に結構いい仕事します。キットレンズを使ってみて、不満が出る部分を補うような使い方で追加の単焦点を選んでみるのがいいかもしれません。

      ・キットレンズ範囲内の焦点距離でもっとF値が小さいレンズを選ぶ
      ・キットレンズの範囲外のレンズを選んで対応範囲を広げる

      という二択になるかな。ちなみに僕が好きなレンズで該当しそうなのは
      広角単焦点…Batis 25mm F2
      ズーム…SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN Art
      の2本ですかね。どちらもサイズは大きい部類ですがびっくりするくらい良いレンズなので機会があれば手に取って欲しいですね。Batisの方はレビューありますのでよかったら。24-70は友達の家族ばっかり撮ってるのでレビューはまだです…汗。いい写真多いのに公開できないのが悔しい限り。

      以上になります。
      僕が使ったことのないレンズもまだまだありますので参考程度にお考えください。「これどうですか?」とかありましたらまた教えてくださいね。

      • みる says:

        ゆきおみ様
        ご返信、ありがとうございます。
        キットレンズも良さそうですね。ひとまずはそれをベースに候補として出して頂いた二つのレンズでしばらく考えてみることにします。
        なんとなくですがBatisは惹かれるものがあります。
        α7cのコンパクトさを失わずに自分の納得のいくレンズラインナップを目指してみます。
        もしまた何か教えていただきたいことがありましたら、コメントさせて頂くかもしれませんが、その際は、よろしくお願い致します。
        今回は、どうもありがとうございました。

  9. ゆう says:

    はじめまして、他のサイトを拝見しつつ行きつきました。
    今まで写真はスマホかコンデジで撮影していましたが息子の幼稚園入園、また新しい家族の予定も分かりもう少しちゃんとしたカメラを購入しようかと考えています。
    ゆきおみ様の記事を拝見しまして、a7Cが子供達を撮影するのに適してるのかな〜と、瞳AF、リアルタイムトラッキングAFの機能があるため(ど素人の浅知恵かもですが)
    ただ、カメラど素人がいきなりフルサイズセンサーモデルに手を出すのはやはり自殺行為でしょうか?
    高価な買い物ですので身の丈に合った物にするべきなのか、アドバイス頂けたらと思います。

    • ゆきおみ says:

      ゆうさん、コメントありがとうございます。
      α7Cは確かに素晴らしいカメラですよ。ただ、個人的には

      ・α6400 レビュー
      ・α7C レビュー
      ・フルサイズに移行すると後悔する?

      という3つの記事を読んでいただきたいです。全て読んだらよかったらご感想をいただけませんか?ご返信いただけますと幸いです。

      • ゆう says:

        ゆきおみ様
        ご返信、ありがとうございます。
        伺った3つの記事を拝見致しました。
        フルサイズ、APS-Cにそれぞれメリットデメリットがあって、やはりレンズの価格差は大きいですね。
        見比べるとa6400でも良いと思うんですが一眼レフ初心者ですと手ブレ補正は合った方が良いのですか?

        • ゆきおみ says:

          ゆうさん、ご返信ありがとうございます。
          価格差は本当に大きいです、フルサイズ高いです…。

          SONYの手ぶれ補正はいうほど大したことないのでそんなに気にしなくてもいいかなぁと思っています。しかも被写体が動く子供であればなおさら手ぶれ補正は無くても大丈夫ですよ。手ブレよりも子供のブレの方が強敵ですから(笑)
          もし動画や望遠レンズを頻繁に撮影・使用するなら三脚やジンバルを検討する方向になるはずです。これは手振れ補正のあるα6600やα7Cでも同じですよ。

          参考になりましたら幸いです。

  10. ねろねろ says:

    こんにちは。お初にお目にかかります。
    カメラの購入を検討中につき調べていたところたどり着きまして、記事をそれぞれ拝読させていただきました。
    いずれについても分かりやすく読みやすい解説で、とても参考になりました。ありがとうございます!
    カメラについて「押したら撮れる」くらいにしか理解していない私でも、何となくそれぞれの数値が意味するものや、その役割が分かったような気がしています。

    ただ、素人が中途半端に知識を得たことで却って迷ってしまったというのが正直なところで、果たしてどういったカメラを選ぶべきなのか、そもそも購入自体をすべきなのか、考えあぐねております。
    大変図々しいお願いで恐縮ではございますが、もしお時間よろしければアドバイス等いただけないでしょうか。

    まず、初めに私の今の状況と、カメラに求めている内容について記載させていただければと思います。

    所持しているカメラ: SONY RX100M3
    撮る環境: 主に室内
    被写体: ガジェットや食べ物、インテリア、家具など
    要望: 室内でも時間を問わず明るく綺麗に撮影したい。難しい設定を突き詰めて至高の一枚を目指すより、気軽に撮影を楽しみたい。

    現在はRX100M3を所持しており、食べ物や購入した製品など基本的には「室内」にて「モノ」を取ることが多く、人を撮影(自撮り含む)したり、動きの早い被写体を追ったりすることはまずありません。
    殆どの場合はおまかせモードで運用しています。購入当初は絞りを調節してみるなど初心者なりに試してみたのですが、結局「素人の自分が変に手を出すよりカメラにおまかせした方が、大抵の場合綺麗に撮れる」という悲しい現実に気づいてしまい、それ以降は殆ど丸投げしています……。

    軽くて持ち運びがしやすく、おまかせでもそれなりに撮れて初心者に優しいなど、基本的には気に入っているカメラなのですが、気になる点も幾つかございます。

    ・思っていた以上に寄れない
    RX100M3を買う前にも多少は調べたり、店員の方に聞いたりして分かっていたつもりでした…が、実際に使ってみると想像していたよりも寄れないと感じることが多かったです。
    特にモノを近距離で取ることの多い自分の使い方では「もうちょっと近くから撮りたい…」と思うことが多くありました。

    ・何となく暗い
    屋内で撮影をすることが多く、特に今は自宅をリフォームしていることからリフォーム現場の写真を定期的に収めているのですが、どうにも暗さを感じる場面が多いです。
    かといってフラッシュを炊くとのっぺりとした写真になってしまったり、逆に反射してテカテカしてしまったりと思うようにいかず、後からレタッチしてみても何となく納得がいかない…というパターンです。
    今現在はフラッシュを指で上に向けることでバウンス撮影風に挑戦しているのですが、もうちょっと根本的な部分での質の改善を図りたい気持ちがあります。

    SNSに投稿したり、何か賞などに応募したりといった目的はなく、あくまで自分の記録用、あるいは思い出用といった用途なので、撮影品質を求めるのは自己満足でしかないものの、使っていくうちに少しずつ欲が出てきたというのが偽らざるところです。
    そこで今回、買い替えを検討した次第です。

    しかし、何となく候補としていたα7C、α7IIIに加え、こちらで初めて存在を認識したα6400それぞれの記事に加えて、フルサイズの利点と欠点をまとめていらっしゃった記事も拝読しましたところ、随所に一長一短の要素を感じてかなり迷っております。
    また、コンパクトデジカメに比べると一眼レフはどうにも上級者感が漂っており、果たして使いこなせるのかという不安感も拭えません。

    購入自体をすべきかどうか、また購入すべきであればどのような機種とレンズを選ぶべきか、是非ご助言をいただければ幸いです。
    よろしくお願いいたします。

    • ゆきおみ says:

      ねろねろさん、コメントありがとうございます。
      RX100M3からカメラをどうするか…というご相談ですね。僕自身、使ってきたカメラはたくさんありますが

      ・初めての一眼
      ・激しく動くものを撮影するわけではない

      という条件だと「このカメラかっこいい!」みたいな直感で決めてしまっていいんじゃないかと思っています。激しく動く子供はAF性能がものをいうのでSONYをお勧めすることが多いのですが、そうでないなら他のメーカーも十分魅力的ですからね。ねろねろさんの好みは分かりませんが、例えば昔のフィルムカメラのようなオールド風味のカメラが好きなら

      ・FUJIFILM
      ・OLYMPUS OM-D系
      ・Panasonic LX100系

      あたりはとてもかっこいいですよ。レビューもしてますのでよかったら。「なんとなく暗い」というのが意図している内容を推し量るのが難しいですが、レタッチしてもノイズが乗ったりすることでしょうか?そうであればセンサーサイズが大きくなると解決するかもしれません。または、もしシャッタースピードが速くなりすぎているのであれば手振れしないギリギリまで遅くすることで解決するかもしれません。AモードやSモード・Mモードは慣れるとオートよりも簡単になりますので少しづつ色々試してみて欲しいですね。撮影した写真の焦点距離・F値・シャッタースピード・ISO感度を教えて頂けますともっと詳しくアドバイスできるかもしれません。

      さて話はちょっと変わり、「思った以上に寄れない」という件について。
      正直RX100M3はかなり寄れる部類でレンズ先からの最短撮影距離はワイド端5cm/テレ端30cm、最大撮影倍率ワイド端0.41倍/テレ端0.20倍です。これを超えるほど寄れるカメラ・レンズ、しかもズームレンズはかなり少ないと思われます。パッと浮かぶのがOLYMPUS M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PROくらいですが…なんかほかにあったかな?フルサイズに移行すると後悔する?という記事で紹介した通り、レンズにもよりますが基本的にはセンサーサイズが大きくなるほど寄れなくなることが多いですので注意してくださいね。

      以上になります。
      色々なものを撮影するのが予想されますので、

      ・高性能なズームレンズ
      ・かなり寄れる
      ・それなりに軽量
      ・安い

      という四拍子揃っているのはOLYMPUSかなぁ…と思うのですがいかがでしょうか。ものすごく暗所に強いわけではないですが、手振れ補正の優秀さもあって動かないものならそこまでデメリットになりません。もしSONYにこだわりたいのであればAF性能はそこまで必要なさそうなのでα7R II/III、α7IIIあたりが候補になるかと思います。ご意見いただけますと幸いです。

      • ねろねろ says:

        ゆきおみ様

        丁寧なご回答ありがとうございます。
        メーカーについては、私自身SONYに特別な拘りがあるわけではないものの、単にRX100M3がSONYなのでメーカーを変えるという選択肢が思い浮かばなかった(変えると操作をまた一から覚え直さねばならないのでは…と危惧してしまった)ので、とりあえずSONYのカメラを中心に調べておりました。

        ご紹介いただいた機種は触れたことのないものが多かったので、今度機会を作って実機にも触れてみようと思います。
        また、今までカメラの外観をあまり強く意識していなかったので自分でも気づかなかったのですが、今回いただいたアドバイスを基にカメラを改めて眺めてみますと、どちらかというと小さめでギュっと密度のある感じで、どちらかといえばモダンで今風な感じのデザインを好ましく感じやすいということに気づきました。

        暗さに関しては、夜景のような本格的に暗い環境で撮影することは少なく、よくある環境は「夜間・蛍光灯下の室内」くらいなので、ノイズを強く感じるというところまで行くことは少ないように思います。なので、具体的にこういう場面ではこういう風に暗く、ここに不満がある!みたいな風にお伝えすることは難しいです。曖昧で申し訳ございません…。

        これは表現が感覚的になってしまって申し訳ないのですが、例えば誰かに見せたいような写真を撮る際に、屋外だとパッと撮って「これならそのまま送れそう」という感覚が得られるのですが、室内だとどうしても薄暗く感じて「このままじゃ何か地味だし、パッとしないな…」と思ってしまう、というのが近いです。
        かつ、その際にレタッチで明るくすると今度は明るくなりすぎるというか、いかにも後から明るくしました!みたいな感じになってしまうような事が多いと感じています。(ただ、書いていてこれはカメラのせいではなく私の画像編集が下手なだけのような気がしてきました。)

        一応、自分で撮っていて「もっと明るく撮れるといいのにな」と感じた写真に絞ってみると、以下のような数値でした。
        焦点距離…22mm
        F値…2.8
        シャッタースピード…1/30秒
        ISO感度…400

        また、寄れないというのは、もしかすると私の使い方が間違っているのかもしれません。
        例えば、全体ではなく一部だけをアップで写すような、オシャレな小物写真(という言葉で伝わるでしょうか…表現が難しいです)を撮ってみたいなぁと思い、被写体にギリギリまで接近すると、どこにもピントが合わなくなってしまうというのが悩みの種でして、それを指して寄れないと表現をしておりました。離れてズームしてみたり、全体を撮って後から切り取ったりと試してみても、今ひとつしっくり来なかったのです。
        そういった際に、一眼ならそういった近接撮影専用のレンズ(マクロレンズ?)もあると耳にしたので、やっぱりレンズを変えられるようなカメラでないと、そういう写真を撮るのは難しいのかなと思ったことも、今回買い換えを検討した要因の一つです。

        ただ、サイズが大きくなると寄れなくなるというのは記事でも書いていらっしゃったとおり、まさにそこを懸念しておりました。
        拝読するうちに、そもそも今のこの不満はカメラを買い替えて解決するのかどうか、その判断が付けられなくなってきたので、今回恥ずかしながらこうしてお伺いをした所存です。

        ご返信に対して長々と書いてしまい申し訳ございません。またお時間のあるときに、よろしくお願いいたします。

        • ゆきおみ says:

          ねろねろさん、ご返信ありがとうございます。

          まず室内写真が暗く感じる…の件から。
          RX100M3のカメラの設定はどんな感じでしょうか?例えば僕はα6400なんかはlighe(1,0,1)だったり、DレンジオプティマイザーなどONにすることが多いです。ノイジーになるケースもあるのですが一度試してみて頂けませんか?α6400の設定ページを参考にしてもらえるといいかと思います。

          次に寄れない…の件。
          その感じですとギリギリまで接近というのはレンズにカメラが引っ付くくらい、という感じですか?そうであれば離れてズームしても満足できない、というのはすごく自然なことで「広角マクロ」という撮影手法になりそうです。これはかなりレンズを選ぶ撮影技法なので、使うレンズを決めてからボディを選ぶ…くらいのことしないと満足いかないかもしれません。もし本気で買い替えを検討するならもう少し撮影条件などをお聞きさせてくださいね。撮影物の大きさ、撮影物までの距離、その時の焦点距離、F値、その時にピントが合う・合わない、どこまで下がれば合うか、あたりは欲しいですね。

          以上になります。
          まずはRX100M3の設定で色や露出について色々試していただいて、それで解決できないならボディの買い替えは十分正しい判断だと思いますよ。レンズの最短距離を割ってしまうのはどうしようもないですし。もしよかったら実験していただいてご意見いただけますと幸いです。

          • ねろねろ says:

            ゆきおみ様

            再びの丁寧なご助言、誠にありがとうございます。
            なかなかまとまった時間が取れず、せっかく頂いたアドバイスも活用できない日々が続いていたのですが、ようやく試すことが出来たのでご連絡を差し上げました。

            カメラの設定は先述したとおり、殆どおまかせモードで撮っておりました。これですとDレンジオプティマイザーなどの機能は設定できないため、それ以外のモードで試してみました……が、そもそもおまかせモード以外に慣れておらず使いこなせていないこともあり、あまり目立って大きく改善したとか、眼を見張るような効果が得られたということはありませんでした…。
            もしかすると、おまかせモードの中に含まれていて自動的に適用されていたのかもしれません。

            もう一つの寄れないというのはまさにそんなイメージです。
            本日、実際のところどれくらい寄るとダメなのか確かめてみようと思い、曇天の空の下で庭先に咲いたマーガレットを撮ってみたのですが、大体3cmくらい近づくと全くピントが合わなくなり(ピピッと音は鳴るものの、液晶画面には緑の枠が表示されない)、それより少し離れても思ったところにピントが合わず、少し遠くに合ってしまうことが多かったです。
            例えばマーガレットはたくさんの花が重なって咲くのですが、取りたい花びらの後ろにある花びらや葉っぱにピントが合うというような具合です。

            また、合うところまで下がって撮った写真は以下のような数値になりました。
            焦点距離…9mm
            F値…3.2
            シャッタースピード…1/80秒
            ISO感度…125
            ただ、これも撮った写真を見てみるとバチっと完璧に合っているというよりは、一応合うには合ってるけど…といった煮えきらなさというか、若干のぼんやり感は残っているような気がします。(曇りだったのが良くなかったのかもしれませんが…)

            何度もお手数をおかけして恐縮ですが、是非またお時間のあるときによろしくお願いいたします。

          • ゆきおみ says:

            ねろねろさん、ご返信ありがとうございます。
            なるほど…色々と試していただきありがとうございました。

            明るさが足りない、はSONYの色作りが。ピントが合わない、はRX100M3の最短撮影時の距離・描写が、ねろねろさんの望む写真にならない原因かもしれませんね。(明るさが足りないの方は実際の写真を拝見していないので想像になっていますが…)

            SONYのカメラは色作りについては一眼もコンデジも概ね同じ方向性なので他社のカメラを使ってみるのがいいかもしれません。また「後ろに下がってもイマイチ表現したいことにならない」とのことなのでレンズ先ギリギリのマクロ撮影、かつマーガレットの花が一本だけでなく後ろの花や葉っぱも映るように撮影する「広角マクロ」となるとかなり対応できるレンズが絞られてくると思います。今回はボディからではなくレンズから選ぶというアプローチが必然かと。

            で、色々考えたんですが「マイクロフォーサーズボディ + OLYMPUS M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO +接写リングが」おすすめかな、という結論に達しました。

            12-40mm F2.8PROレンズについてはかなり寄れて(最短撮影距離20cmなのでレンズ先10cm程度)軽量な部類、そしてズームレンズなので花以外のガジェットや家具なども撮影に困ることはないと思います。お値段も他社のレンズに比べると手頃な部類です。(それでも高価ですが)花専用のレンズだけだと他にもレンズを購入する必要がありますが、接写リングで対応するのが費用的にも最適かも、と考えました。近接撮影をする時には接写リングを装着してさらに寄れるようにする…物にもよりますがレンズ先5cm程度まで寄れるはずです。

            ボディについてはOLYMPUSかPanasonicの中からお好みで構いません。この2社のカメラはマイクロフォーサーズという規格で統一されていますので気に入ったボディに先程のレンズを取り付けることができます。好みはOLYMPUS OM-D系のレトロ系ではない、とのことだったのでPanasonic GX7系やOLYMPUS Penシリーズなどありますので公式ページを見てみてください。

            以上になります。
            実際に量販店などで触ってみて「どれだけ寄れるか、どれだけ明るく映るか」は確認してみた方がいいと思います。どのカメラも発売直後、とかでは無いので大きな店舗であれば置いてあるんじゃないかな。色味はSONYと2社とも結構違うのでそこら辺もチェックしてみてほしいですね。量販店まで足を運べないならレンタルなどで対応してみてください、僕もレンタルについての記事書いていますのでよかったら。

            接写リングについては…おそらく試写できるようなものでは無いと思うので買ってみて…という形になってしまうしかないのが辛い(泣)

            なかなか難しい撮影状況なので想像の部分も多くあり、不明瞭な点もいくつかあるのが心苦しいばかりです…ねろねろさんが満足できる選択ができることを祈っております。

            2021.5.25追記
            M.ZUIKO 12-45mm F4 PROの方がさらに寄れることを失念しておりました…申し訳ありません。。

            12-45mm F4 PRO → 広角端の最短0.12m
            12-40mm F2.8 PRO → 広角端の最短0.2m

            明るさが犠牲になりますが広角マクロに特化するならこちらも検討してもいいかもしれません。レンズ先4cmほどまで寄れるので接写リングも必要ないかも。

          • ねろねろ says:

            ゆきおみ様

            最後にいただきましたコメントに「返信」ボタンが表示されなくなってしまったため、こちらにご返信しております。表示がおかしくなってしまったら申し訳ございません。

            丁寧なアドバイス、重ね重ねありがとうございます。
            具体的な機種のご提案もいただき、大変参考になりました。全く想像もしないようなご提案だったので、これは一人では辿り着けなかったと感謝しております。
            残念ながらこのご時世ではなかなか店舗まで足を運べないものの、折を見てまずは実際に試してみようと思います。
            レンタルというのも興味深いですね…。これも少し調べてみようと思います。

            繰り返しになりますが、この度はありがとうございました。
            これからも更新を楽しみにしております。

          • ゆきおみ says:

            ねろねろさん、ご返信ありがとうございます。

            補足ですが「SONYの色作りはほぼ同じ方向性」というのがちょっと難しい部分で、当然センサーサイズの大きいAPS-Cやフルサイズのαであれば満足いく描写になる可能性も十分あります。ただ、今回は求める写真が「普段使いも可能で広角マクロも撮れる、なるべく軽量なオールマイティなカメラ」だろうという予測のもとでマイクロフォーサーズのOLYMPUS、Panasonicを勧めさせていただきました。誤解を与える可能性があると判断しましたので追記させていただきます。すみません。

            今後何か進展等ありましたらぜひ教えてくださいね。

  11. 2児のママ says:

    はじめまして!

    現在、α6000を友達から譲ってもらい使ってますが、フルサイズに乗り換えようと思ってます。
    ボディは、子どもが小さくて2人いるため、バリアングル式が子どもを撮りやすいと言われたのと、重さを考えるとα7cにほぼ決まっている状態です。

    ただ、レンズを何にするか迷ってまして、、
    ・子ども2歳・0歳をメインで撮りたい
    ・ロケーション・室内撮影がしたい
    ・現在、単焦点24使ってますがズームが出来なくて不便に感じることがある
    ・綺麗にボケる柔らかい雰囲気が好き
    ・インスタでアップしていきたい

    が希望です。

    単焦点50も使ってて、ボケ感は非常に好きですが、子供から目が離せない月齢の為、50mmは厳しかったです。

    よろしければご教授頂きたいです。

    • ゆきおみ says:

      2児のママさん、コメントありがとうございます。
      α7Cに装着するレンズでお悩みなんですね。

      0才、2才のお子さんがいらっしゃるとなると、α7CのキットレンズFE 28-60mm F4-F5.6があると非常に便利だと思います。小型のズームレンズなのですごくボケるわけではありませんが手軽で荷物を減らしたいときにとても重宝します。また、ボケを生かしたい撮影の時はFE 35mm F1.8が最適だと思います。現在のα6000 + 24mmとほぼ同じ感覚で使える上にめっちゃめちゃボケます。妻はこのレンズ付けっぱなしのことが多いですよ。

      以上になります。
      他にもいろいろなレンズはありますが、僕はこの組み合わせが子供撮影にはベストなんじゃないかと思っています。参考になりましたら幸いです。

  12. 半蔵門 says:

    はじめまして!
    先日今まで使用していたNikon D5600ダブルズームキットを売りまして、次のカメラをα7cにしようかと検討していたところ、こちらのサイトを拝見し、とても丁寧に詳しく記事にされおり、是非背中を押していただきたくコメントさせていただきます!
    この方のおすすめなら自分の気持ちを預けられると思いました(笑)。
    また記事も見てα6400もコスパ含めありなのかなと悩んでおります。
    使用用途は旅行に行った時の風景や建造物と家族との思い出写真、小学三年生娘のスナップショットや運動会、ペット犬の撮影です。たまにさいたまスーパーアリーナやドームで格闘技やイベントを遠い席から撮影したりします。
    D5600 を売った理由は、自分の下手さもあり、動く子供のピントが合わない時が多かったことと、室内(水族館なども)でうまく取れない、重さはそうでも無いのですか形が多少かさばったことでした。また撮影技術については詳しくなく、シーンモードかオートモードでの撮影でした。
    こんな私ですが、α7c、α6400もしくは他社カメラでもおすすめあればご教示頂きたいです。

    • ゆきおみ says:

      半蔵門さん、コメントありがとうございます。
      ご返信遅くなり申し訳ありません。α6400かフルサイズか、というのは悩ましいですよね。

      なるほど、D5600のピント合わせに苦労されているんですね。α6400とα7Cに細かい違いはありますが、まずは「フルサイズに移行すると後悔する?」という記事でフルサイズのメリット・デメリットを紹介しておりますので、こちらを読んでいただいてご感想いただけませんでしょうか?

      ご返信いただけると幸いです。

  13. はな says:

    こんにちは。
    ざっくりした質問で申し訳ないのですが、ご回答いただければ幸いです。

    現在α7rivを持っていますが、
    外出時などはやはりかさばるので、
    α7rivは写真撮る!と気合いを入れるような外出時にと思い、
    もう一つサブとして毎日持ち歩けるようなカメラを検討していまして、こちらを拝見しました。

    皆さん迷われていますが、α6400とα7cで
    何週間も迷っていたので、勇気を出して質問させていただきました。

    普段撮りたいものは、
    ・1歳の娘
    ・料理
    ・花
    です。
    比較的近い場所での撮影になるかと思います。
    時々公園などで娘が走り回る姿を撮りたいなとと思っています。

    予算や6400と7のレンズの違いの煩わしさは特に気にしてないです。

    α7rivを持っているなら
    6400かな?とも思っていますが、
    暗い場所での撮影に弱いとのことで、
    どうせ買うなら7cかな?
    とも思ったりしますが、
    結局レンズ込みの重量やコンパクトさは6400だから、サブで持つなら6400かな?
    と何度も何度も繰り返しています。

    どうかお考えや、ご意見いただけないでしょうか。

    • ゆきおみ says:

      はなさん、コメントありがとうございます。
      α7R IVのなるべく手軽に持ち出せるサブ機でお悩みなんですね。

      少しだけ質問させてください。サブ機で

      ・レンズは何を使いますか?(単焦点 or ズーム)
      ・好きな画角・焦点距離はありますか?
      ・動画は撮りたいですか?
      ・α7RIVで重さ以外に不満はありますか?

      以上になります。ご返信いただけると幸いです。

      • はな says:

        ゆきおみさん、
        お忙しい中ご返信ありがとうございます。

        以下回答いたします。
        ・レンズは何を使いますか?(単焦点 or ズーム)
        →単焦点を使用しています。
        ・好きな画角・焦点距離はありますか?
        →特にはないです。
        ・動画は撮りたいですか?
        →できたら撮りたいですが、頻繁に撮るというほどではないかもしれません。
        ・α7RIVで重さ以外に不満はありますか?
        →今のところ重さのみ不満です!

        色々考え、
        zv-1かrx100m7も考えています。
        どちらとも手軽に持ち運べることがやはり利点です。
        zv-1については、ズームが弱いということですが、ズームが必要なシチュエーションだとおそらくα7rivを持っていると思うので、ズームは重要視ではないかな?と思いました。
        ですが、今iPhone11proを使用していて画質はまあまあいいので、わざわざzv1やrx100m7を買うまではなくiPhoneでいいのでは?と思ったり。。。

        こちら2点も含めてご意見いただけると幸いです。

        • ゆきおみ says:

          はなさん、ご返信ありがとうございます。
          そうですね…問題が重さのみで、かつiPhoneで十分であると感じるならわざわざサブカメラを買う必要はないと思いますよ。

          スマホよりも大きく、フルサイズよりも小さいカメラをサブカメラとして使うなら

          ・設定を細かく決めれる
          ・色味を合わせやすい
          ・AF精度が良く、意図した場所にピントを合わせやすい
          ・ボケ方が自然になりやすい
          ・大きな画面で見た時綺麗
          ・暗所の画質劣化が少ない
          ・レンズ交換で広角〜望遠、高性能な単焦点まで対応できる
          ・拡張性が高い

          この辺りが理由としてなんじゃないかと。やはり「スマホじゃやっぱりきついな…」って部分を感じなければありがたさは感じませんから、スマホの画質で十分満足できて同じ費用をかけれるなら新型iPhoneを買った方が満足できるはずです。

          以上になります。
          今お使いのiPhoneじゃやっぱりだめだー!と思ったときにサブカメラを検討するのが最も後悔ないかな…と思うのですがどうでしょうか。ご意見いただけると幸いです。

          • はな says:

            ご返信ありがとうございます。

            iPhoneでもいいかなと思っていたんですが、
            やはりiPhoneでは満足できず、、、
            ゆきあみさんが記載の通り、自然なボケが欲しいです。 
            iPhoneで撮るときに、ポートレートで撮るようにしているのですが、
            ボケなかったり、ボケてもボケ感が不安定で設定するのに時間がかかったりするため、撮りたい瞬間を撮るときにストレスを感じ、サブカメラを検討しています。

            検討しているのは
            前述の通り、
            rx100m7
            zv-1
            α6400
            α7c
            のいずれかです。
            アドバイスいただければ幸いです

          • ゆきおみ says:

            はなさん、ご返信ありがとうございます。
            そうですね…ここで検討されている機種についてはレビューがありますのでよかったらご覧くださいませ。さて、じゃあどれが最適なのか、という話になるのですが

            α7Cの場合
            同じフルサイズなので全くサブカメラとして遜色ありません。レンズだけでなくバッテリーなども共用できます。が、α7RIVの立ち位置が微妙になる気がします。絶対にα7RIVが必要、という状況がどのくらいあるのか…という話になるのですがいかがでしょうか。α7Cでは及ばない環境での撮影頻度次第ではα7Cがメインになることも考えられますね。

            α6400の場合
            画角が1.5倍になりますがレンズ共用可能です。動画撮影も考えているのであればZV-E10も候補に入れて良いでしょう。ただ、ボケ量にこだわるとあまり小型にならない印象です。30mm F1.4や16mm F1.4などはポケットに入るような大きさではありません。新しいSIGMAのF2.8ズームあたりは大きさも程よく小さいので使いやすいかもしれませんね。

            RX100M7の場合
            僕はこのカメラ好きではありません。レビューをご確認くださいませ。

            ZV-1の場合
            ポケットに入る1型センサーカメラ。ボケの量や画角などが完璧にはなさんを満足させるかどうかはわかりませんが、やっぱり小さいカメラって素敵ですよ。動画用、とうたっていますが写真も普通に撮れますのでサブカメラとしては最適かと。

            以上になります。
            この重さならα7RIVでいい。みたいなこともありますので、サブカメラとして許容できる重さがポイントかな、と。参考になりましたら幸いです。レビューをご確認の上、ご意見頂けますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新着コメント

新着コメント

インスタ

ライン

ゆきおみ

長女が生まれた時に一眼レフを買ったものの、全然うまく撮れず絶望。3年の猛勉強の末、今ではそこら辺の家電量販店の店員より詳しくなる。コメント欄やLINEで気軽にカメラ・写真のこと相談してくださいね。

-SONY E(フルサイズ)