SONYが新製品α6600 / α6100を発表!α6400所有の僕は比較して半分嬉しく半分がっかり。その理由をお伝えします。

投稿日:2019年8月29日 更新日:

sigma_30mm F1.4_作例4

icon発表されましたね、α6600とα6100。

期待

  • α6600はAPS-Cのフラッグシップモデル!!
  • α6100は入門用のコスパ重視!

…と思いきやどちらもあまりおすすめできません。

新機種が発売されることでα6400が安くなるなら僕はα6400をおすすめします

α6400作例2
【SONY α6400レビュー】子供・赤ちゃんの写真を3年間撮り続け、カメラを5台買い換えた僕がたどりついた初めての方にもオススメのミラーレス一眼!

続きを見る

僕が新製品に落胆した理由をご紹介したいと思います。

撮影の後のひと手間、現像作業。

いい写真に仕上げたいとはいえ、時間はなるべくかけたくない…。

この現像ソフトLuminar 4はすごい機能が満載で、月額料金がかからない買い切りタイプ。Adobeは毎月課金されるのが地味につらいので大きなポイントです。まだ全機能を使いこなせているわけではないですが僕は今後も使っていくつもり。かなりオススメできるのでぜひ読んでみてください。

G1X MarkIII作例
【Luminar 4 レビュー ※割引プロモーションコード有】現像ソフトとして便利で革命的な新機能がおすすめ!今まで1時間かかっていた作業が2分で済むかも!?

続きを見る

APS-Cフラッグシップモデルのα6600

外観

iconicon

icon
icon

ぱっと見は5軸ボディ内手ぶれ補正がα6400に追加されただけのように見えます。

採用されなかった新型センサー

iconがっかりのほとんどがこれですね。

フルサイズのフラッグシップモデルはα9やα7RIVだと思うんですが、スタンダードモデルであるα7IIIとは明確に差があります。

  • α9の連写…秒20コマ(α7IIIは秒10コマ)
  • α7RIVの画素数…6100万画素(α7IIIは2450万画素)

こだわる人にはしょうがねぇ!上位機種を買うしかないじゃん!と言わせるスペックの差がありますよね。

だけどこのα6600、α6400と同じセンサーかと思われます。画素数も据え置きだし。つまり、ISO感度の高感度耐性がもう少し良ければ暗がりにも強いのになーというα6400の弱点そのまま。シャッタースピード上限も1/4000ですよ。ここは1/8000欲しかった。露出オーバーも回避できないし、ハイスピードシンクロもできない。

あ、拡張ISO感度50は使えますね。唯一羨ましい。

上位の理由はグリップ・手ぶれ補正・バッテリー

α6600のグリップ

iconicon

α6400のグリップ

α6400_SIDE

α6400は自前で撮りました。

若干大きさが違いますが、グリップが明らかに深くなっているのがわかります。iconアイカップは装着してない状態でα6600は撮影してあるようですね。

そうそう、α7IIIのように上部にカスタムボタンのC1・C2が追加されてます。

フルサイズのグリップのような形状になり、深くなったのでしっかりにぎれるはず…ですが、小指が余るのは目に見えてます。α7IIIですら小指は余るのでグリップを付けましたから、結局α6600でも巨大なレンズをつける時にはグリップを装着することになるでしょう。

小型のレンズならα6400のグリップでも問題ありません。結局グリップの大型化はそんなに羨ましくない。

手ぶれ補正

ちまたではα6400に手ぶれ補正がないからダメ!

なんていう人もいるみたいですが、そもそも、高機能のAF性能が必要な人と手ぶれ補正が必要な人って異なるんですよ。

ポイント

  • 高機能のAFが必要な人…動くものを撮るのでシャッタースピードを速くする必要がある。
  • 手ぶれ補正が必要な人…止まっているものを撮るのでAF性能はそこまで必要ない。

ね?シャッタースピードを速くする必要があるなら手ぶれ補正はいりません。

手ブレよりも被写体ブレの方が影響でかいですから。

これが外でガシガシ動画とか撮影する方だとジンバル不要になる可能性があるので、いいかもしれませんけどね。

ただ、ネオ一眼やハンディカムの1型センサーならまだしも、SONYのAPS-Cの手ぶれ補正は残念ながらジンバルが不要になるレベルまでいかないんじゃないかな。手ぶれ補正が素晴らしいのはマイクロフォーサーズまでです。いまのところ。

なお、オリンパスの6段5軸シンクロ手ブレ補正が最強です。(手持ち1秒いけますよ)

バッテリー

フルサイズの最新機種NP-FZ100に変更になりました。まぁグリップ大きくなった理由がこのバッテリーを使うためでしょう。

僕もそうですが、フルサイズを持っている方はバッテリーの使い回しができるので歓迎。

でも…そんなにメリットある?って話。

動画を30分以上撮るなら外部電源につなぎます。

バッテリー容量はそんなに気にならないんですよね

スタンダードモデルα6100

外観

iconicon

iconicon

iconicon

α6400の下位機種、エントリーモデルとして期待できるα6100はどうでしょうか。

ぱっと見は同じように見えますが、α6400から下記の機能が制限されているようです。

  • カラーリング・シルバーが無い(その代わりホワイト追加)
  • フォーカスエリア登録機能がない
  • 測光モードが少ない
  • フォーカス位置の循環機能が使えない
  • ファインダーの画素数が1440000ドット。(α6400は2359296ドット)
  • ファインダーフレームレートHIが選べない
  • ファインダーでグリッドラインが選べない
  • モニターで水準器が使えない
  • 拡張ISO感度の上限が51200(α6400は102400)
  • ISO AUTO低速限界がない。
  • クイックナビが使えない
  • 連続撮影可能枚数が76枚(α6400は99枚)
  • 高倍率ズームレンズセットが選べない
  • アンチダスト機能がない

あー、なんで高倍率ズームレンズキット外したのか。

まぁ初心者はダブルズームレンズキットを選ぶという市場のリサーチがあるんでしょう。

個人的には高倍率ズームレンズをお勧めしたいんだけどなぁ。

動画を本気で撮るのは不向き

上記に加え、動画撮影時は

  • 瞳AFが動画撮影中使用不可
  • タイムコード/ユーザービット記録不可
  • ピクチャープロファイル使用不可
  • ガンマ表示アシスト使用不可
  • レックコントロール(外部機器による録画開始)不可

がないので本気で編集する方には向かないかも。僕もあんまり動画撮らないですが…。

まぁ初心者には不要な機能。適切な削減だと思います。

実はスチル派にもおすすめできない

α6100は価格次第ですが悪くないですね…と思ったけど、

  • ISO AUTO低速限界がない。
  • ISO AUTO低速限界がない。
  • ISO AUTO低速限界がない。

あー、無理っす。子供の撮影に必須の機能がありません。子供撮影用の機材としては僕はおすすめできない。

この機能なしで動くものを撮りたくない。

過去にいっぱい失敗してますからね。

まとめ

SIGMA_30mm_F1.4_作例

入門用としてもサブカメラとしてもメインカメラとしても中途半端感が否めません。

まだ詳細はわかりませんのでどんどん追記していきますが、多分買わないでしょうね、僕は。

でもα6400ユーザーとしては、α6400を力一杯おすすめできますね。

これが嬉しい。

上位機種が発売されることでα6400の値段が下がることが期待できます。

みなさん、α6400を買いましょう。

α6400はキャッシュバックも始まりましたし、まだまだおすすめできそうです。

僕がα6400に惚れ込んでいる理由はこちらからどうぞ。

α6400作例2
【SONY α6400レビュー】子供・赤ちゃんの写真を3年間撮り続け、カメラを5台買い換えた僕がたどりついた初めての方にもオススメのミラーレス一眼!

続きを見る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最後まで読んでくれてありがとう!

ゆきおみ

長女が生まれた時に一眼レフを買ったものの、全然うまく撮れず絶望。3年の猛勉強の末、今ではそこら辺の家電量販店の店員より詳しくなる。我が子を綺麗に撮りたいパパ・ママの役に立ちたい。

おすすめ記事と広告

-SONY E
-

Copyright© ゆきおみのカメラ講座 -IK LIFE- , 2019 All Rights Reserved.