SONYのα7 IIIを使っているけどレンズファームウェアアップデートがしたくてUSB DOCKを購入!MC-11オーナーも必要?

更新日:

お知らせ

まだブログに書いていないことや、ちょっとしたネタなんかもライブで話をしてます。youtube・インスタでの配信は不慣れではありますが、質問などコメントしてもらえればリアルタイムで返答できると思います。お時間あれば遊びに来てくださいね。

また、おかげさまでご相談をたくさん頂けており大変嬉しいで限りです。悩みは一人ひとり違うと思いますので、お気軽にコメント欄・LINEなどでご相談下さいませ!

SIGMAからでているUSB DOCKは

レンズとパソコンをつなぐインターフェース

です。レンズも様々な設定などの情報を記録しているのですが、AFシステムをアップデートしたり設定を記憶するために必要なアイテムなんですね。これが無いとレンズのファームウェアアップデートもできなければ、ピントの微調整、MFの設定、カスタムボタンの登録などもできないです。

いろんなことできるので、SIGMAのレンズを複数所有している方は持っていて損は無いかもしれません。

「買ってよかったものをまとめてもらえませんか?」

そんな問い合わせをいただきましたので、僕が買って満足しているものをまとめて紹介することにしました。

ポイント

  • いいものを使いたい
  • でも探す時間はかけたくない
  • 買い物で失敗したくない

写真現像用のパソコンやモニターから、ドライヤーやスニーカー等々、色々と紹介していますのでぜひ読んでみてくださいね。

SIGMA USB DOCK

USB DOCKって必要?

外観

仕様

その他の特徴

  • Nikon Fマウント
  • CANON EFマウント
  • SIGMA SAマウント
  • ペンタックス Kマウント
  • SONY Aマウント

こんな人におすすめ

ピント調整を自分で追い込みたい
レンズのアップデートも自宅で済ませたい
SIGMAは全部買う

新品・中古価格(評価)

実際に使ってみた!

ファームウェア・アップデート

公式アップデート詳細ページに載っているレンズは新ファームウェアがでている可能性があります。確認してみてください。やり方は簡単。アプリケーションをダウンロードしてUSB DOCKを装着したレンズをUSBでパソコンとつなぐだけ。こんな感じでレンズを読み込みます。

特に難しいことはないので手順は割愛!画面に沿って進めていくだけ〜。

ピント調整

こんな感じでカメラからの距離ごとにピントの微調整が可能ですが、単焦点ですら4つの距離ですがズームレンズだとこれが4倍に増えます…なかなか大変です。全部+20というメチャメチャな調整をしてありますが、この20というのはcmでもインチでもなく、感覚的な数値のようです。

MC-11を使用してSONYのボディで使用している方へ。

基本的にこのピント調整は一眼レフの「位相差AF」の誤差をなくすための機能です。ですので、ミラーレスでファストハイブリッドAF(コントラストAF)を使用しているSONYのボディではどんなにピント調整の値をぐちゃぐちゃにしてもきっちりピントは合います。もしかしたらバッチリの時と少しだけピントを合う速度が変わるのかもしれないですが、少なくとも僕は違いは感じませんでした。

上記、ピントを+20(最大値)にして部屋の写真を撮りましたが、ピント面はばっちり。

中央部の絵本にピントを合わせてますが、ハッキリ文字も見えてます。

Eマウントのレンズはどうするんだ!USB DOCKのEマウント版販売してないじゃないか!

…SIGMAのEマウントレンズはSONYのボディにUSBケーブルを繋ぐことでレンズファームウェアアップデートが可能。ボディがUSB DOCKの代わりにインターフェースになってくれるんですね。ピント調整も不要なのでEマウント版はUSB DOCKが必要ないみたいですよ。

まとめ

位相差AFでピントを合わせる各社一眼レフでSIGMAのレンズを使っている方はあった方が何かと安心かと。ピント調整をしておかないと合掌音がしても全部ボケた写真になる恐れがありますからね。逆に、SONYで使っている方は…必要ないかもしれません。

最新レンズファームウェアじゃなきゃ落ち着かない人はぜひ常備しておいてください(笑

価格情報


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

インスタはこちら

ラインはこちら

ゆきおみ

長女が生まれた時に一眼レフを買ったものの、全然うまく撮れず絶望。3年の猛勉強の末、今ではそこら辺の家電量販店の店員より詳しくなる。コメント欄やLINEで気軽にカメラ・写真のこと相談してくださいね。

-撮影知識

© 2020 ゆきおみの子育てカメラブログ