SONYが新アダプターLA-EA5を発表!Aマウントレンズオーナーのための最後の製品となるか。

投稿日:

お知らせ

まだブログに書いていないことや、ちょっとしたネタなんかもライブで話をしてます。youtube・インスタでの配信は不慣れではありますが、質問などコメントしてもらえればリアルタイムで返答できると思います。お時間あれば遊びに来てくださいね。

また、おかげさまでご相談をたくさん頂けており大変嬉しいで限りです。悩みは一人ひとり違うと思いますので、お気軽にコメント欄・LINEなどでご相談下さいませ!

LA-EA3が生産終了となり、Aマウントはついに見放されたか…と思っていた矢先!

まさかのAマウントの新製品が発表されました。2013年のSONY Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM以来、実に7年ぶりです。

発売は11月になるようですので購入するかどうか、検討しておきましょう。

SONY(ソニー) マウントアダプター LA-EA5 αレンズ/ソニーEボディ用 発売予定日:2020年11月6日【フルサイズ対応】

撮影の後のひと手間、現像作業。

僕はLuminar 4を使用しています。今までAdobeのLightroomでしたが、Luminar 4は便利で素敵な機能が満載なうえ月額料金がかからない買い切りタイプ。(Adobeは毎月課金です)

ポイント

  • いい写真に仕上げたい。
  • でも時間はかけたくない
  • 失敗写真をなんとか救いたい

そんな写真があるなら機能を色々と紹介していますので、ぜひ読んでみてください。

SONY LA-EA5 マウントアダプター

外観・特徴

外観

icon

仕様

  • 35mmフルサイズセンサー対応マウントアダプター
  • SONY Eマウント(フルサイズ)
  • 最大径x長さ  66.0 x 31.7
  • 質量 88g

その他の特徴

  • すべてのAマウントレンズに対応(テレコンバーターは非対応)
  • α7R IV、α6600のみモーター非搭載レンズでも像面位相差AFが可能、SSMレンズまたは、SAMレンズ装着時は特定のボディでAF使用可能。STFレンズのみ常にMF。
  • 動画撮影中はAF使用不可

使い勝手・ポイント・弱点

SSM / SAM非搭載のレンズでAFが可能

今回の衝撃はこれですね。

商品画像をよく見るとレンズのピント合わせを駆動させるスクリューがあるのがわかります。まさにLA-EA3とLA-EA4を合体させ、なおかつ小型・トランスルーセントミラーを無くした形になっているという奇跡。

伝説と名高いSONY Planar 85mm F1.4あたりを所有されている方は「ついにこの日が来た!」と思っているんじゃないでしょうか。

動画でのAFの使用不可

最大のポイント。

動画にも注力しているSONYですので「写真メインだけど何かあれば動画も撮る」くらいの人にはかなりのデメリットと言えます。

安く手に入ったからとAマウントのレンズを一通りそろえても、いざ動画が撮りたくなった時にはSONYの高性能なAFを使うことができません。

動画を撮る可能性が数%でもあるのならAマウントレンズを使うのは注意したほうがいいかもしれません。

フルで性能発揮できるのはα7R IVとα6600のみ

これもまさかのデメリット。

信じられないことにα7IIIもα6400も、いやα9・α9IIですらSSM/SAM非搭載レンズをAFで使うことができません。

信じられない。

ファームウェアアップデートの予定は未定…どうなるんでしょうか。

まとめ 無理してAレンズ集めない

今現在所有しているならまだしも、新たに購入を考えるのは良く考えてからの方がいいかもしれませんね。

僕は買うけど。

SONY(ソニー) マウントアダプター LA-EA5 αレンズ/ソニーEボディ用 発売予定日:2020年11月6日【フルサイズ対応】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

インスタはこちら

ラインはこちら

ゆきおみ

長女が生まれた時に一眼レフを買ったものの、全然うまく撮れず絶望。3年の猛勉強の末、今ではそこら辺の家電量販店の店員より詳しくなる。コメント欄やLINEで気軽にカメラ・写真のこと相談してくださいね。

-SONY E(APS-C), SONY E(フルサイズ)
-

© 2020 ゆきおみの子育てカメラブログ