【PAPAPAレンズナビ】TAMRON SP 45mm F/1.8 Di VC USDの作例・評判・特徴などレビュー!

投稿日:2019年1月31日 更新日:

TAMRON SP 45mm F/1.8 Di VC USD

スペック・ネット上の評判

外観

作例・レビュー

特徴

  • 発売 2015.9.29
  • 絞り羽根 9枚(円形絞り)
  • 最短撮影距離 0.29mm
  • 最大撮影倍率 0.29倍
  • 質量 540g
  • フィルター径 67mm
  • 最大径 約φ80.4mm×約91.7mm

その他特徴

  • クラス最高の近接能力
  • 超音波モーター「USD」
  • 防汚コート
  • eBAND / BBARコーティング
  • 簡易防滴
  • 光学式手ぶれ補正VC

参考サイト(作例・評判)

デジカメinfo
スコアが掲載
幅広い状況に対応する素晴らしいレンズ

デジカメwatch
交換レンズレビュー(Nikon Fマウント)

レンズテスト・レビュー(英文)
DXOMARK(Nikon Fmount)
LensTip
OpticalLimits(元photozone)
ePHOTOzine 
IMAGING-RESOURCE

新品・中古価格(評価)

実際に使ってみた!

…いつもならここで装着写真を掲載するのですがありません。

ないんです。写真が。

レンズが。

そう、もう手元に無いのだー!

と、いうわけでなぜ早々に手放したのか…そんなレビューになります。

特徴・作例・レビュー

開放F1.8です。文句ないボケ味と描写力。どこかPENTAX FA31を思い出すのは気のせいでしょうか?

個人的にこの歳の子供を撮る時50mmだとちょっと離れなきゃいけないんですが、45mmとほんの少しの差ですがかなり使いやすさを感じます。それでいて十分ボケますからね。

こちらF11。きっちりな感じ。絞っても変に描写傾向が変わらないので使いやすいですね。

逆光にて。結構コントラストがさがり、パープルフリンジが目立ちますね。ボケ味のあるレンズはこういうレンズ多い印象。

ボケ質がとてもいいか、といわれるとそうでもないかもしれない?悪くないですけどね!

まとめ

いいレンズ!

45mmという50mmの標準レンズよりほんの少し広い画角はとても使いやすいですよ。…と褒めときながらもう手放したには理由があります。

それはSONYのボディにMC-11を装着して使うとAFが最短にピントがあった状態から動かなくなり、マニュアルでピント位置を動かしてからAFをしてあげなければいけないという…。あと若干甘い位置でピントがあったりすることもあったり。まぁみてくださいよ。

成功するとこんな感じですが。

突然AFが動いて失敗。ちなみに最短撮影距離は29cmとトップクラスの近接性能ですので最短割れとかじゃないです。

実は成功したのはこれ一枚。

後全部こんなかんじ。へこむわ。

純正レンズでは顔が見えていれば瞳AFはほぼ外しませんがこの時はなぜかボタンに合ってます。少し後ピンでピントがあったようです。この時手放すのを決意したね、うん。

タムロンのTAP in Consoleを使えばいいんじゃね?

まぁ可能性がないってわけでもなさそうですけど…心が折れた。このレンズのために色々時間を費やすのもな…と。多分CANON、Nikonの一眼レフならとても素晴らしいAF性能を発揮してくれると思いますが、SIGMAのマウントアダプターとは相性が良く無いのかもしれません。まぁもともと無理やり装着しているようなもんですし…。

というわけで、SONYのボディで運用するのは僕は諦めましたが、描写・使い勝手はいいレンズだと思います。値段もお手頃ですからね。

価格情報

TAMRON SP 45mm F/1.8 Di VC USD Model F013

評価

楽天(価格ナビ)
Yahoo(最安検索)

おまけ 6000×4000の画像

画質はいいけど…激おこ!!!!

クリックで大きいサイズの画像が開きます。通信環境にご注意ください。

おすすめ記事と広告

-作成中

Copyright© ゆきおみブログ , 2019 All Rights Reserved.