ベネッセのWorldwide Kidsを契約するのは今しかない!と思った2つの理由!

投稿日:2018年9月20日 更新日:

我が家は今(2018.9月)現在、2歳4ヶ月の娘と、2ヶ月の息子がいます。

先日、ついに…ついに!

ベネッセのWorldwide Kidsに申し込みをしましたーっ!!

なぜ今申し込みをしたのか、そのあたりをお伝えしたいと思います!

ちなみに、父・母どちらも日本人で英語はさっぱり…です。

まずは我が家の状況をお伝えしますね!

娘(2歳4ヶ月)

流し目のできる2歳児…この子天才なんじゃないか?←違う。

我が家の英語コンプレックスの最初の犠牲者です。

1歳になったころの子守唄は「美女と野獣」の英語読み聞かせ文で、今でも車の中ではほぼ英語でDVDが流れております。狂ったように同じ動画を見せられた結果、「りんご」ではなく「apple」(発音良さげ)というし、食べ物が美味しい時には「うまい!」か「Yummy!」という極端な感じで成長しております。

ちなみにライオンをみせると「ガオー!」と呼ぶので英語が染み付いているかは超疑問。

「おしりふきをママのところに持って行って」というとその通りにパタパタと任務を遂行するので日本語はかなり理解しているようです。アンパンマンのことを「あーぱん」と呼んでいたが「アンパンマン」に進化し、最近やたらと単語ではなく、文を話すようになってきました。すごいな、子供って!!

ある程度自我があり、嫌なものは嫌で、好きなものは好きなイヤイヤ期の王女様。甘やかすつもりは到底無いので結構叱りますが、叱られると膝から崩れ落ちます…動かざること山の如し。

ちなみに「こどもチャレンジぷち」を受講中。トイレトレーニングをしようと試みていますがイヤイヤ期で全敗。まだまだおむつは外れないけど、しまじろうのおかげでなんとかなりそうな雰囲気もあるような無いような?

そう、しまじろうとアンパンマンが大好きな2歳児です。

息子(2ヶ月)

髪は無いが超ロックな新生児。もうすでに6kg近くあり、服が70〜80サイズに届きそうで震えております。ストック服がもう無いぞ☆

最近アーアー声を出すようになっていて、時々すごく楽しげ。本来新生児を抱っこするのはなかなか気がひけるんですが、すでに首が座っているのかと思うほど強靭な首と肉厚なボディのおかげで、親戚は誰一人恐ろしげに抱っこをしなくなりました。むしろ若干雑(笑)二人目って怖いわぁ。

好きなものはお風呂。プカプカ浮かべてあげるとどこか梅沢富美男さんのような顔になります。寝返りはできないはずですが、お腹が空くと凄まじく暴れ、気づかないうちに移動していたりします…動くこと雷霆の如し。

なぜ今なのか!?

その1 英語学習の適齢期

Worldwide Kidsのチラシや他の英語教材・英語教室などなど、ネット上の情報をみると「3歳までが英語学習の黄金期」と言われているということ…やっぱり早いに越したことないんですよね、英語って。

絶対音感なども幼いうちにほぼ固定されてしまうようなので、耳に関する成長は3歳までが全盛期であると判断しました。つまり「L」と「R」の発音の違いが聞き取れるのは今しかないんです!

もっかい言っときます。今しかないんです!

また、現在の我が子たちは0歳と2歳。2年という差が同じ教育をしていてもどれくらいの違いになるのか…。

知りたいですよね?

その2 金額的な費用的な支払的な

金額的な面をクリアできそうな提案があったこと!かなり大きな要因ですよね。

英語教育の壁。ほとんどの方の場合お金、だと思います。日々の生活がカツカツなのに英語にお金なんかかけてられないわけでうすよ、正直な話。適齢期なのはわかっていても、です。

そんなある日、さっき書いたとおり「こどもチャレンジぷち」を娘が受講していたので定期的に案内がメールがきていたんですね。まぁ感じ悪い言い方をすると広告です。あんまり読みませんよね。

何を血迷ったか珍しくメールを読んだんですよ。そしたら!新しい支払い方法の提示を発見っ!!

これなら…!!と思える内容でした。

そこから数日に分けて複数回電話で質問をして、綿密な計画を立てるのですがそれは今回は置いておきましょう(笑)

まとめ

もともと英語教育に興味があって、金銭的な問題がクリアできそう、というのがとても大きく今回契約にいたりました。

次はなぜWorldwide Kidsを選んだのか!?

です!

おまけ とりあえず英語に触れさせたいなら

英語コンプレックスの僕が最も重視しているのは…

そう、です。

耳が良い人はIQや記憶力が良いケースが多いんです。美空ひばりなんて英語全く話せないのに、一度聞いたことはそのまま発音できた、なんて聞いたことあります。東大生も耳が良い人が多いとか。

音楽の絶対音感もそう、英語の聞き取りもそう。役者さんだってそう。耳が良い人は絶対に耳が悪い人よりも吸収力がいいんですって。別に頭が良くなって欲しいわけではないんです。苦労が少しでも少なければいいな、と。それだけです。

小さい頃になにかできることがあるならしておきたい…親なら誰でもそう思うんじゃないでしょうか?

今でこそWorldwide Kidsを受講していますが、受講前(0歳〜2歳半まで)はこどもちゃれんじぷちのDVDを英語再生にして車でずっと流していました。本当にとりあえず流してただけだったんですが、これが意外と子供の耳には入っているようで「Good morning!」(めっちゃ発音良)と朝いきなり話しかけてきた時にはかなりびっくりしました。もうすでに僕は耳では負けているようで、小さい時期から英語が耳に入ってきてる環境ってかなり大事なんだと実感。

無料でお試しできるのでぜひお子さんの反応を見てみてくださいねー!

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

追記

ところで、友達はこどもちゃれんじEnglishを受講しているようです。そこの親は英語が話せるんですが、クオリティを褒めてました。やっぱ話せる人が言うと説得力がありますなぁ。こどもちゃれんじより高くてもいいけどWorldwide Kidsほど費用はかけたくない、という方にベストの選択かもしれません。

こちらも無料資料請求ができるようです。色々試してお子さんが一番興味をもちそうな教材をみつけられるといいですね。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最後まで読んでくれてありがとう!

ゆきおみ

長女が生まれた時に一眼レフを買ったものの、全然うまく撮れず絶望。3年の猛勉強の末、今ではそこら辺の家電量販店の店員より詳しくなる。我が子を綺麗に撮りたいパパ・ママの役に立ちたい。

おすすめ記事と広告

-コラム

Copyright© ゆきおみのカメラ講座 -IK LIFE- , 2019 All Rights Reserved.