【PAPAPAカメラ理論】シャッタースピード低速限界で失敗写真を少なくする使い方を紹介!

投稿日:2018年10月27日 更新日:

シャッタースピード低速限界って?

上のメニューはPanasonic LUMIX G9 PRO のメニュー画像。実装しているカメラとそうでないカメラがありまして、すべてのカメラで使える機能ではない、というのは先にお伝えしておきます。例えばα7IIは使うことはできませんが、α7RIIやα7IIIは使用可能。Nikonで言えばかなり古いD80ですら使用可能だったりします。なお、実はメーカーによって呼び方が違いまして、

  • Nikon…ISO感度設定(低速限界設定)
  • CANON…ISOオート低速限界
  • SONY…ISO AUTO低速限界
  • PENTAX…感度AUTO設定(低速限界の指定方法・設定値)
  • FUJIFILM…ISO感度AUTOでの低速シャッター限界
  • Panasonic…下限シャッター速度
  • OLYMPUS…ISOオート設定(低速限界設定)

みたいな感じ。機能としては一緒です。ちなみにオリンパスの低速限界設定がない機種(OM-D E-M5 MarkIIなど)は裏技的な使い方ですが、フラッシュの低速制限というところで擬似低速限界が可能です。お持ちの方は試してみてください。

ちなみに今の環境では僕はもう低速限界が無いカメラには戻れません。個人的には子供撮影において必須。無くても撮れるけど…失敗がかなり減るはず。それくらい重要な機能なんです。

シャッタースピード低速限界の機能・使い方

を説明していきたいと思います!

そもそもいつ使えるの?

上の各メーカーの呼び方をみると、どうやらシャッターやらISOやらオートやら書いてあるのでシャッタースピードとISO感度が関係している設定らしい、ということはわかります。なのでシャッタースピード優先のSモード・TvモードやF値もシャッタースピードも固定するMモードでは使用することはできませんし、ISO感度を固定しても使うことはできません。まぁ基本的にはF値を決めるAモード・Avモードで使う機能だと思っておけばOK。

ある日のこと

SONY α7IIとFA31mm F1.8 AL Limitedを使用している時のことです。そして僕がこの機能を愛してやまないのはこの日から。あ、ちなみにこのレンズ、他メーカーの人は知りもしないレンズですがPENTAX使いなら誰もが知っている、言うまでもない名玉です。今も生きるレジェンドレンズ。僕のレンズ評価の原点だったりします。

さて、昼過ぎ。娘と一緒に外に出まして、写真を撮ることにしました。

AモードにしてISO感度はAUTO、背後はボカしたかったので開放F1.8で娘を撮影。天気も良く、明るい状況でしたのでSS1/8000まで高速シャッターになっておりISO感度は最低の100で適正露出でした。カメラ日和と言っていい日ですね。

多少影に入ったりするとSSが1/2000に自動でなり、ISOは100のまま。Aモード+ISOオートは絞り値だけ決めてあとは全部カメラに任すことができるわけで、いちいち露出を確認せずとも勝手に適正露出にしてくれます。これがフィルムならこうはいきません。影に入るたびに手動で設定を変えなければいけませんから…いい時代ですね。

今の所、低速限界は必要ありません。いつ必要になるんでしょうか?

さて、問題はここから。

設定はそのままで暗めの建物に入ってきました。娘は楽しそうにパタパタと駆けていきました。もちろん僕も娘を追っかけカメラを構えシャッターを切りました。さて問題。一体どんな写真が撮れるでしょうか?

正解は

娘がブレブレの写真ができあがる

です。ショックです…眩しい笑顔を、記念すべき瞬間を撮れなかった…なんて悔しい思いをしました。なぜこんなことになったのか、理由を探さなければまた失敗します。

そのためにカメラの挙動をみていきましょう。

明るい場所から暗い建物の中へ入ることで周囲の明るさが変わる。

露出のバランスが崩れる。

AモードなのでF1.8で固定のままでシャッタースピードで露出を稼ごうとする。

SS1/50で適正露出になったため、F1.8、SS1/50、ISO100で撮影。

1/50では子供はぶれる。

失敗写真のできあがり。

つまり、何がいけないのかというとSS1/50で子供が撮れるわけがないんですよね。カメラは

周りが明るければ問題ないが、周りが暗くなったりF値を絞ったりして露出が稼げなくなると、シャッタースピードを低速(シャッターが開いている時間を長く)にして露出を稼ごうとする

んです。これはAUTOの状態のカメラなら必ずそうなります。というかAモードってこういうことを自動でするモードです。でも、子供の動きをぶれずに撮るには最低でも経験上1/250くらいは必要

どうしましょう?

必然的にこう思うはず

周りが暗くても被写体ブレ対策でSS1/250くらいにシャッタースピードは抑えて、残りはISO感度で調整できればいいのに。

…そう、まさにこれを叶えるのが今回のシャッタースピード低速限界。

この機能の便利さがわかりますでしょうか?シャッタースピードの下限限界を決めることで被写体ブレを無くし、稼げなかった露出はISO感度で補うことができるようになります。

先ほどの状況で低速限界SS1/250が設定できたとしましょう。

明るい場所から暗い建物の中へ入ることで明るさが変わる。

露出のバランスが崩れる。

AモードなのでF1.8で固定のままなのでシャッタースピードで露出を稼ごうとする。

SS1/250に低速限界が設定されていたのでSSは1/250になる。

残りの露出はISO800にして補う

F1.8、SS1/250、ISO800で撮影。

1/250では子供はぶれない。

成功写真のできあがり!

ISO100からISO800まで上がりましたので画質は少し落ちる方向です見事子供がぶれない写真を撮ることができました!

ちなみに、ISOオートで上限を設定している場合、低速限界よりもISOオート上限が優先になるらしく、あまりに暗い状況だと低速限界を割り込んでシャッタースピードが低速になります。

どういうことかというと、例えばISO上限を1600に設定していて、かなり暗い場所に移動すると…

明るい場所から暗い建物の中へ入ることでかなり明るさが変わる。

露出のバランスがかなり崩れる。

AモードなのでF1.8で固定のままなのでシャッタースピードで露出を稼ごうとする。

SS1/250に低速限界が設定されていたのでSSは1/250になる。

残りの露出はISO3200にして補おうとするが、ISO上限1600設定のためISO1600になる。

さらに残りの露出を確保するために低速限界を超えてSS1/125になる

F1.8、SS1/125、ISO1600で撮影。

SS1/125では子供はちょっとぶれる(かも)。

(たぶん)失敗写真のできあがり。

ポーズが撮れる4~5歳の子供ならSS1/125でもぶれないかもしれませんね。うちではたぶん無理でしょう。こういう時はISOの上限を無くすか、結構高めに設定しておけば低速限界を超えることはないはずです。

低速限界設定しているのにやたら被写体がぶれるなぁなんて時はISOオートの上限を確認してみてくださいね。

まとめ

シャッター速度低速限界とは、AUTOでSSの低速側の限界を決めることで、被写体ブレを防ぎながらなるべく低感度(高画質)で撮ることができるようになる機能です。個人的にはPanasonicの下限シャッター速度が一番わかりやすい表現だな、と思います。これを使いこなせれば明るい場所から暗い場所に、暗い場所から明るい場所に移動してもなるべく高画質で、かつ被写体ブレをなるべく少なく、自動でカメラが設定してくれます。もちろん被写体ブレだけでなく、手ブレも抑える使い方ができますのでどんな人にも便利に使えるはず。

この機能を使うようになってから、状況がガラッと変わってもすぐにシャッターをきっても失敗写真が少なくなりました。本当に便利な機能です。子供の撮影は一瞬一秒が勝負。なるべく設定はカメラに任すことで大切な一瞬を見事に撮れるといいですね!

おすすめ記事と広告

-撮影知識

Copyright© ゆきおみブログ , 2019 All Rights Reserved.