【CANON EF50mm F1.8 STM レビュー】キヤノンの撒き餌レンズはとりあえず買って損はないと思う。

更新日:

2020.5.23追記

おかげさまでご相談をたくさん頂けており大変嬉しいで限りです。悩みは一人ひとり違うと思いますので、お気軽にコメント欄・LINEなどでご相談下さいませ!

THE撒き餌レンズ。

このレンズのおかげでCANON以外の撒き餌レンズは高い!みたいな風潮がありますが違います。

CANONの撒き餌レンズが異常に安いんです。

そのおかげで人気ランキングなんかでは大体上位にランキングしますよね。CANONのボディを持っている方なら一度は触るべきだよなんて知人に言われたもんですからRPと同時に買っちゃいました。

もちろんEOS kiss X9iやEOS 80DなどのAPS-Cのボディにも装着できます。その時は画角が50mmではなく80mm相当になりますので中望遠の単焦点となります。

今回はマウントアダプターを取り付けたRFマウント機でのレビューになります。ご了承ください。

関連

僕と妻が使用しているRFマウント機はEOS RP。うちの奥さんは連写とか使わないうえに感覚派なのでRPに大満足です。

【CANON EOS RP レビュー】SONY使いの僕がCANONの軽量フルサイズミラーレス一眼を買ったわけ!

続きを見る

撮影の後のひと手間、現像作業。

僕はLuminar 4を使用しています。今までAdobeのLightroomでしたが、Luminar 4は便利で素敵な機能が満載なうえ月額料金がかからない買い切りタイプ。(Adobeは毎月課金です)

ポイント

  • いい写真に仕上げたい。
  • でも時間はかけたくない
  • 失敗写真をなんとか救いたい

そんな写真があるなら機能を色々と紹介していますので、ぜひ読んでみてください。

CANON EF50mm F1.8 STM

外観

作例・レビュー

特徴

  • 発売 2015.5.21
  • 絞り羽根 7枚(円形絞り)
  • 最短撮影距離 0.35m
  • 最大撮影倍率 0.21倍
  • 質量 160g
  • フィルター径φ49mm
  • 最大径 約φ69.2mm×約39.3mm

その他特徴

  • STM(ステッピングモーター)
  • フルタイムマニュアル

評判・口コミ(外部リンク)

評価・価格

実際に使ってみた!

特徴・作例・レビュー

開放F1.8で撮ってみました。さすがフルサイズのF1.8。すぐ後ろにあるドアも結構ボケてますね。

今度はF5.6にて撮影。色の出方がいいですよね。さすがCANON。

こちらはF8.0。こんなに写るの!?っていうレベル。この値段でこの性能…びっくり。

逆光にて。こんだけフレアいれてて言うのもなんですが、逆光耐性悪くないですよ、いや強くもないけど。表現の方法として活用してみてはどうでしょう?

瞳AFと追従連写

そこそこ遠距離から瞳の追従連写(AF追従4コマ/秒)で撮ってみましたが、数枚ピント外してますねー。ここら辺はSONYに慣れてしまっていると結構不満ですが、RPに求めるのは酷かと。瞳AF+SURBO自体はなかなか優秀ですので十分使用できると思います。つまり、連写は許してやってください、そういうカメラじゃないですから(笑

とまぁカメラの性能はおいといて、AF自体はSTMなので早い!とはいえないでしょう。レンズが伸び縮みするので物理的な限界がありますからね。ただ使えないってほど遅くないのも事実です。

そうそう、フルタイムマニュアルフォーカス機能について気づいたので書いておきます。

  • ONE SHOT AFの時…AFでピントを合わせた後、フォーカスリングを回すとMFで微調整可能。ピーキングも表示可能、拡大もできます。
  • SURBO AFの時…ピントリングを回しても何も起こらない。マニュアル操作不可。

SURBO時のマニュアル操作は元々できないので、RFレンズ同様ほぼ違和感なく使えるはず。

まとめ 撒き餌レンズおそるべし

さすが上位ランカー。

撒き餌レンズと言われるだけあって最初の一本にうってつけの良心価格。えぇ、とりあえず僕も買いました。こんなに安いのにこんなによく写るなんて…ほんとCANONすごい。

どうやら旧機種は模倣品が出回っているようです。できれば新しいSTMの方を新品で買いましょう。値段も格安ですから…。

旧型としてEF 50mm F1.8 IIというのも中古市場に出回っていますが、1990年の古いレンズにも関わらずレンズの構成はほぼ変わっていないので写りとしては全く問題ないはず。ただ、

 EF50mm F1.8 STMEF50mm F1.8 II
絞り羽根枚数7枚5枚
最短撮影距離35cm
45cm
最大撮影倍率0.21倍0.15倍
レンズ構成5群6枚5群6枚
駆動系STMDCモーター
フィルター径φ49mmφ52mm
最大径φ69.2mmφ68.2mm
全長39.3mm41mm
質量約160g約130g

といった感じで、結構改良がされています。マニュアルフォーカスしかしないのであれば旧型でもいいかもしれませんが、最短撮影距離や円形絞りが採用されている現行機種をおすすめします。どうやらレンズのコーティングも新しくなっているようです。

AFスピードですが、こればっかりは判断は人によりますから…個人的には「思ったより早い」でした!安いからとりあえず買いましょう(笑

関連

結局EOS RPに付けっ放しのレンズはRF 35mm F1.8というレンズ。アダプター使わなくて済むだけでなく、めちゃめちゃ良いレンズです。

【CANON RF35mm F1.8 MACRO IS STM レビュー】間違いなく神レンズ!RFマウント機を持っているならぜひ使って欲しい。

続きを見る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

インスタはこちら

ラインはこちら

ゆきおみ

長女が生まれた時に一眼レフを買ったものの、全然うまく撮れず絶望。3年の猛勉強の末、今ではそこら辺の家電量販店の店員より詳しくなる。コメント欄やLINEで気軽にカメラ・写真のこと相談してくださいね。

-CANON RF(フルサイズ)
-, ,

Copyright© ゆきおみの子育てカメラブログ , 2020 All Rights Reserved.