【CANON EOS RP レビュー】SONY使いの僕がCANONの軽量フルサイズミラーレス一眼を買ったわけ!

投稿日:2019年3月15日 更新日:

各社からフルサイズミラーレスが発売され、まさに戦国時代。

2019年3月、CANONからようやく手にしやすいフルサイズミラーレスが発売されました。

それがCANON EOS RPです。

買うつもり全くなかったのに限定5000台とかいうもんだから買っちゃったじゃんゴールドのEOS RP

値段も大きさも色んな人にオススメしやすくなってますが、EOS RPって

はてな

  • 使い勝手っていいの?
  • 性能的にはどう?
  • ぶっちゃけオススメできる?

なんて疑問がある方の参考になれば。

EOS_RP_外観

2019.1016追記

レンズは結局35mm F1.8 MACROつけっぱなしに落ち着きました。EFレンズも色々使いましたが、やはりアダプター無しの方が安心できます。何より35mm F1.8でマクロレンズという神レンズ。他社には無い素晴らしいレンズです。EOS Rシステムを使うなら必ず持っていた方がいいですよ。

Canon (キヤノン) RF35mm F1.8 マクロ IS STM

結局発売日に買っているので、かれこれ半年ほど使い込んできたので

ポイント

  • CANON EOS RPの外観や性能
  • 使い勝手・おすすめポイント
  • 使ってみてわかった弱点

などを紹介。どんどん追記していくので長い目で読んでくださいね。

日本初開催、Amazonのブラックフライデー。

セール商品が多数特別価格で提供されるほか、簡単なエントリーで5000ポイント当たったり、お買い物で最大5000ポイント還元されるキャンペーンが実施されます。通常状態でも最安値付近の商品なのにポイントがつくので、一年の中でもトップレベルでお買い得なAmazonのお祭りです。

買い物かごに入れたままの商品や、ずっと欲しかったあの商品を安く手にいれるチャンス。かくいう僕もレンズをこの機に数本購入予定。お得に買い物しちゃいましょう。

CANON EOS RPの外観や操作感

いやぁ…小さい。こんなに小さい。

装着しているのはEF-Rアダプターと撒き餌レンズのEF50mm F1.8 STMですね。横に並んだのはカバー有のIPhone 6Sです。コンパクトさが伝わるかなぁ?あんまり小型だと小指が足りなくてグリップがよくないのですが、エスクテンショングリップを装着すれば

この通り。小指がぴったり収まるバッチリのホールド性。(これくらい良くできたSONYの純正グリップ早く出してくれ)

このグリップ良くできてます。三脚穴は同軸上にありますから取り付けていても不具合・違和感がありません。素敵。。

バリアングルモニターは当然閉じることもできます。ゴールド感半端ない(笑

sony α7 IIIと比べると?

外観

ほぼ同条件のSONY α7 III(RRSプレート+SIGMA MC-11)を並べてみました。

大きさはほんの少しSONYの方が大きくなりました。軍艦部が飛び出してますからしょうがないです。

重量

899gは結構ずっしり。

やはりRPは軽かった!!200g弱軽いのは結構違いますよ。

RPの良い点・気にいった点

セイフティシフト・ISOオートの低速限界

セイフティシフトとはkissシリーズなどの入門機には入っていない機能ですが、

  • 真っ黒になりそうなとき
  • 真っ白になりそうなとき

自動で設定を調整してくれる機能です。上級者にはあまり必要なさそうですが、とにかく余裕がないとき・急ぎで撮るときに自動でカメラが助けてくれる素敵仕様!

ISOオート時の低速限界は子供撮影で最高に使える機能です。今ではこの機能なしのカメラ使いたくないくらい。

低速限界を詳しく知りたい方はこちら。

圧倒的な軽さ

荷物が増えてしょうがない子育ての親御さん、なるべく装備を軽くしたいバイク乗り、重さが疲労に直結する登山家など、アクティブに動く方にはこの軽さはかなりの武器になるはずです。

CANONの色が出る

いや、CANONだしその通りなんですけど(笑

やっぱりCANONの色に慣れている方は多いはず。思った色の写真が出来上がるって大事ですよね。ぶっちゃけSONYより撮って出しJPEGの色はCANONの方が好み。自然で素敵。そう、

CANONの色が出るミラーレスでお値段がお安い

買った理由はこれです。

RPの悪い点・気になる点

かなりバッテリーの持ちが悪い。

LP-E17というバッテリーを使っていますが、対応カメラは

ポイント

  • EOS RP
  • EOS 9000D
  • EOS 8000D
  • EOS Kiss X9i/X9
  • EOS Kiss X8i
  • EOS M3
  • EOS M5
  • EOS M6
となっていますので、上記カメラをすでに持っている方はバッテリーの使い回しが可能です。

EVFで瞳AFのサーボとか使ってると結構がっつり減りますね。数時間撮影+設定変更でカシャカシャしてると朝満充電したバッテリーが空っぽになりました。予備バッテリーは必須。なんなら3つくらい欲しいかも。

EOS Rと比べて機能が少ない

まぁ価格帯が違いますから…

ポイント

  • EOS RPはフォーカスガイド使用不可
  • マルチファンクションバーがRPは非搭載
  • 連写性能が劣る(サーボ時 EOS R 5コマ/秒・EOS RP 4コマ/秒)
  • 電源OFF時EOS Rはシャッターが閉まるのでゴミがセンサーに付きにくい
  • EOS RPは電子先幕シャッターのみ
  • RPはシャッター速度の限界が早い(後述)
  • バッテリー容量が違う

などなど。気になる方は使いたい方はEOS Rを使うしかありません。電源OFF時シャッターが閉まるのはSONYも欲しいぞ

ボケ具合を確認しながら撮影不可

以前ミラーレスは「ほぼ見た通りに撮影できる」というメリットがある、と紹介しましたがこれができない

上の画像はSONYですが、アダプターを使った特殊な状況です。F22なのにボケボケですよね。

F値を変えてもファインダーの被写界深度が変わりません

ほぼ一眼レフと同じ挙動です。常にピントが合っていない部分はボケています。日頃ミラーレス一眼やスマホのカメラを使い慣れている人には慣れが必要かもしれません。逆に今まで一眼レフだった方にはなんの違和感もないと思われます。

RFレンズならできるのかな…?

2019.3.17追記

確認したところEOS RやRFレンズも出来ない模様。実際α7 IIIとMC-11でEFマウント用のレンズを使うと結構苦しくなるのでCANONとしては膨大なEFレンズ資産の性能を活かすための仕様のようです。まぁ一眼レフから移行しても違和感が無いということで見送られたのかも?賢明な判断かと。

実際撮れた写真はこちら。見えた画像と撮れた画像が違うってのがわかっていただけるでしょうか?

シャッタースピード上限1/4000

EOS Rは1/8000ですが、EOS Rは1/4000です。一段分シャッター速度の上限が遅くなっています。

夕暮れとか太陽方向に向かってカメラを向けたり、晴天の屋外なんかではレンズを開放で撮れないかなぁ、という感じ。実際使ってみたら結構上限に引っかかってた感じがします。

頭の片隅においておかないと真っ白な写真ばっかりになってしまうかもしれません。注意が必要ですので屋外の露出オーバー対策はしといた方が良さそうです。NDフィルターも持っていくと安心できそう。

2019.10.19追記

僕は52-67mmのステップアップリングを使って既に持ってたNDフィルターを使えるようにしています。NDフィルターを買う時はなるべく大きなフィルター径を買っておけば、ステップアップリングで小さなレンズに取り付けられるので覚えておいておくといいですよ。

ステップアップリングN 52-67mm [デジタルカメラリング] 887592 Kenko ケンコー リング デジタルカメラリング カメラ用品
【ネコポス便配送・送料無料】K&F Concept KF-67NDX2-32 NANO-X バリアブル(可変式 ND2-ND32)NDフィルター 67mm (Xムラ制御タイプ)

瞳AF+SURBO AFは…

SONYと比べるとまだまだ。そりゃもうまだまだ。レンズの性能によるところもあると思うのでいろんなレンズで試していきたいと思います。

子供撮影において最高の機種は今もまだSONYな気がします。

でも…僕は動き回る幼稚園児を撮るような使い方ですから…小学生以上の子供、もしくは普通にポートレートなら全然問題ない精度だと思いますよ。むしろ今まで一眼レフで人を撮ってきた人なら「うひゃーっ!」って感動できるはず。

マウントアダプターの制限

CANON純正EFレンズはほぼ問題ないようです。

が、tamronの名レンズSP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD (Model F004)通称タムキューでAFは作動せず、マニュアルフォーカスでのピント合わせとなりました。タムキューの新型であるSP90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD (Model F017)では公式ページにて問題がないことが記載されています。

また、撒き餌レンズEF 50mm F1.8 STMをEOS 80Dにつけて比較してみましたが、若干80Dの方がAFが早い感じが…。EFレンズを使って結構シビアなピント合わせをする場合、一眼レフにつけた方が信頼性はありそうな感じがしますね。やっぱりアダプター無の状態と比べるとEFレンズの性能をフルに発揮できていないという感じはうけます。いずれ増えるRFレンズに期待するならRFマウント機を買うべきだと思いますが

今持ってるEFレンズが使えるからRPに移行しよう!!

というのは短絡的かも。ミラーレスにこだわらないのであればEOS 6Dとか買った方がいい可能性もあります。安くなってきたもんね。

まとめ


先ほども登場した、コントロールリングマウントアダプターと撒き餌レンズEF 50mm F1.8 STMを装着。最高に取り回しがいいです。

EOS RPですが、

ポイント

  • CANONのミラーレスを使いたい
  • CANONのフルサイズを使いたい

つまりこういうことです(笑)当たり前のことを…って感じですがそれが大事なんですよ。

機能・性能的にはまだまだ発展途上という感じはしますが、他社ミラーレスに移行したけどやっぱりCANONの色がいいなぁという声は結構多く聞くんです。CANONは色の出し方が上手。

どんどん追記します。レンズも増えます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最後まで読んでくれてありがとう!

ゆきおみ

長女が生まれた時に一眼レフを買ったものの、全然うまく撮れず絶望。3年の猛勉強の末、今ではそこら辺の家電量販店の店員より詳しくなる。我が子を綺麗に撮りたいパパ・ママの役に立ちたい。

おすすめ記事と広告

-CANON RF
-,

Copyright© ゆきおみのカメラ講座 -IK LIFE- , 2019 All Rights Reserved.