【CANON EOS M6 Mark II レビュー】家族のための最強ミラーレス!?他社競合と比較して使いながら考えてみました。

投稿日:

CANON_EOS_M6_MarkII作例

2019年9月に発売されたCANON EOS M6 Mark II

子供撮影用のカメラとして僕はすでにSONY α6400を所有しています。これ以上のカメラはそうそう出てこないだろうと感じていましたが、EOS M6 Mark IIは前機種のEOS M6から相当の進化をしているようなんですよ。

これは実力を試してみないと…そんな思いが募りに募ったので今回我が家にお招きしました。比較しながらレビューになりますので、先にα6400の記事を読んでおいてくださいね。

α6400作例2
【SONY α6400レビュー】子供・赤ちゃんの写真を3年間撮り続け、カメラを5台買い換えた僕がたどりついた初めての方にもオススメのミラーレス一眼!

続きを見る

さて、実機を触ってみると…すげーよくできてる。そう感じました。

CANONのフルサイズミラーレス機EOS RPも持ってて感じるんですが、やっぱりCANONはいいですね。ただ、僕のメイン機にはならなそう

CANON_EOS_M6_MarkII外観

じゃあ何がいいのか、なぜ僕には向かないのか。この記事では

ポイント

  • EOS M6 Mark IIの強み
  • 実際の作例など
  • 実際使ってみて気づいたポイント・弱点

などを紹介しています。

Canon (キヤノン) EOS M6 Mark II EF-M18-150 IS STMレンズキット

撮影の後のひと手間、現像作業。

いい写真に仕上げたいとはいえ、時間はなるべくかけたくない…。もともとAdobeのLightroomを使っていましたが、最近はLuminar4でもっぱら現像しています。

この現像ソフトはすごい・面白い機能が満載なうえ、月額料金がかからない買い切りタイプ。Adobeは毎月課金されますもんね。まだ全機能を使いこなせているわけではないですが僕は今後も使っていくつもり。かなりオススメできるのでぜひ読んでみてください。

G1X MarkIII作例
【Luminar 4 レビュー ※割引プロモーションコード有】現像ソフトとして便利で革命的な新機能がおすすめ!今まで1時間かかっていた作業が2分で済むかも!?

続きを見る

実際に使ってわかった美点・良いところ

まずはキヤノンの公式動画を。

この動画を見て…ちゃんと手に取らないといけないんじゃないか!?と思いました。

その理由は以下の3つです。

ポイント

  • 小型のボディに3250万画素
  • 瞳AF +サーボAFとISO低速限界
  • 使い勝手の良さそうな操作系

じっくり説明していきますよ。

APS-Cが超えた3000万画素の壁

もうね、度肝を抜かれたんですよ、画素数に。

これまでAPS-Cといえば画素数は2400万画素くらいが限界だったので、3000万画素超の写真を撮るならフルサイズのカメラを買うしかなかったんです。それが!ついに!3250万画素というセンサーが搭載されたんです。

画素数が増えればトリミングにも強くなりますし、そもそもの画質も良くなることが多いです。今のソニーのAPS-Cセンサーの画質は3年ほど前からほとんど進化していませんので高感度の耐性などには満足できないこともたまにあるんです。

やはり一度きりの子供たちの写真ですから、なるべく高画質で残したいと思うなら新型センサーを使うのが一番ですね。

子供撮影に必須な機能は搭載

瞳AFとサーボAF。そしてISO低速限界

どちらも初代EOS M6には搭載されていないので、もはや別のカメラといってもいいでしょう。そして、この2つの機能が揃うことで

ポイント

  • いつでも瞳にピントが合う
  • どんな状況でもブレにくい
  • 初心者も簡単に扱える

という最高に使いやすいカメラができあがります。

僕の思う「子供撮影用カメラ」としての基本は備えているわけです。

グリップが良い

CANON_EOS_M6_MarkII外観

CANON_EOS_M6_MarkII外観

おそらくほとんどの人は小指がボディにかかりません。

ボディが軽いのであまり苦にはなりませんが、大きな望遠レンズなどを使うときはもっとしっかりしたグリップが必要になります。これは実際に握らないとわからないポイントです。

α6400とほぼ同じ大きさなので延長グリップが必要だよななんて思っていたのですが、想像以上に持ちやすい。グリップの深さや凹みの角度、シャッターボタンの位置などキチンと考えられています。

おまけ α6400のグリップ

α6400小指弱点

α6400小指かからない

結構小指がつらいんですよ。EOS M6 Mark IIのグリップ、良さそうでしょ?

SONYの新機種であるα6600とα6100がグリップが大型化しているので、α6400のグリップは握りにくいというユーザーの不満はSONYも把握していたんじゃないかな。

気づいた欠点・残念なところ

ファインダーが無い

CANON_EOS_M6_MarkII_外観

僕の一番のマイナスポイント。意外に結構ストレスです。

外が明るかったりするとファインダーの方が光が入って来にくいので見やすいんです。というかライブビューはかなり見づらいですね。もちろんチルトで腰あたりで撮影するときはライブビューで撮影しますが、日頃ファインダーのある機種を使いなれているので咄嗟にファインダーを覗こうとして間抜けな感じに何度もなりました(苦笑)

内臓フラッシュとか使いもしないんだからポップアップファインダーでも欲しかったですね。

ファインダーがあるってカメラの楽しさのひとつなんだな、って再確認。

瞳AFはSONYが上

これはしょうがない。

買う前からSONYの瞳AFの方が優れているのはEOS RPを使っているので覚悟していました。遠い状態でも瞳を認識するSONYに慣れてしまうとまだ認識しないの?という感じになってしまいます。当然、認識しないとピントも瞳に合わないので少々慣れが必要だな、と感じました。

もちろん動物の瞳AFが使用できるのはSONYだけ。CANONはいつになるかな。

レンズの選択肢が少ない

EOS MシリーズのカメラのマウントはEF-Mマウントというマウントです。

SIGMAがようやくSONY Eマウントやマイクロフォーサーズで実績を残している16mm、30mm、56mmを発売しました。他はすべてCANON純正のEF-Mマウントレンズを使うか、EF-M→EFのマウントアダプターを使用するしかないんです。

いろんなレンズを試してみたい、という人にはちょっと物足りないかも?

破損保証はSONY一択

子供がうっかり壊した、とか手が滑って落とした。

そんな時に対応できる保証はソニーストアの長期保証(ワイド)だけ。今や僕がSONYを選ぶ理由になりつつある保証です。

子供が小さいうちは安心ですよ。

高倍率ズームのマウント部がプラスチック

EF-M高倍率ズームマウント部

安っぽいんだな、これが。

高倍率ズーム+単焦点の運用が好きなので高倍率ズームの使用率がかなり高いんですが、撮る気失うくらいには質感が無い。逆光にもかなり弱めだし、あんまり安心して使い倒せないかなぁ、という感じ。

まとめ ファインダー不要派にはベストかも

CANON_EOS_M6_MarkII作例2

欠点もいくつか挙げましたが、ファインダーの有無が一番使ってて大きいですね。

僕が今使っているカメラが全てファインダーがあるタイプ。8年前くらいに使ってたSONY NEX-5Rを買い換えたのもファインダーがなかったから。個人的には必須なので僕はα6400の方が好みですね。瞳AFの性能と破損保証もCANONにはないですから。

とはいえ、グリップも握りやすいし、画素数も3000万画素を超えています。ファインダーが無くても困らない方にはかなり満足できるカメラなんじゃないかな。

おまけ おすすめのアクセサリ

カメラと一緒に必ず買っておいてた方がいいものを紹介しておきますね。

  1. データ保存用のSDカード(4K動画対応)
  2. 傷や汚れから液晶を守る保護シート
  3. 持ってて安心な予備バッテリー

SDカード

SanDisk(サンディスク) SDカード 64G Extreme Pro 超高速170MB/s class10 UHS-I U3 V30

EOS M6 Mark IIは4K動画が撮れるのですが、SDカードの選び方を間違えるとと撮れません。

もちろんこのSDカードは大丈夫。

バッテリー・充電器

Canon (キヤノン) バッテリーパック LP-E17 (対応機種:EOS 8000D、EOS Kiss X8i、EOS M5、EOS M6、EOS M3、EOS RP)

液晶保護シート

ハクバ HAKUBA EX-GUARD 液晶保護フィルム(Canon EOS M6 MarkII / Kiss M / M100 / M6 / PowerShot G1 X MarkIII 専用) EXGF-CAEM6M2

液晶の傷は売るときに査定に響きます。最大20%ほど減額されることもあるようです…こだわりがなければ保護シートを装着しておいたほうがいいかと。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最後まで読んでくれてありがとう!

ゆきおみ

長女が生まれた時に一眼レフを買ったものの、全然うまく撮れず絶望。3年の猛勉強の末、今ではそこら辺の家電量販店の店員より詳しくなる。我が子を綺麗に撮りたいパパ・ママの役に立ちたい。

おすすめ記事と広告

-CANON EF-M
-

Copyright© ゆきおみのカメラ講座 -IK LIFE- , 2019 All Rights Reserved.