【SONY Sonnar T* E 24mm F1.8 ZA SEL24F18Z レビュー】APS-Cのソニー所有者は是非!!広角単焦点レンズの作例・評判・特徴などを紹介!

更新日:

2020.5.23追記

おかげさまでご相談をたくさん頂けており大変嬉しいで限りです。悩みは一人ひとり違うと思いますので、お気軽にコメント欄・LINEなどでご相談下さいませ!

ZEISS好きなら押さえておきたい、APS-C専用のSonnar 24mm F1.8。

35mm判換算36mmとなるので非常に使いやすい広角レンズとして愛用者も多いようですね。SONYはフルサイズ対応のレンズに集中して開発してきたのでAPS-C用のレンズが少ない上に古いという悲しい状態でありますが、その中でも今でも評価の高い単焦点といったらこのレンズです。

関連

SONY Eマウント(APS-C)の「もう迷わない!」はこちらから

SONY E Sonnar T* E 24mm F1.8 ZA SEL24F18Z

スペック・ネット上の評判

外観

作例・レビュー

特徴

  • 発売 2011.12.9
  • 焦点距離イメージ 36mm
  • 絞り羽根 7枚(円形絞り)
  • 最短撮影距離 0.16m
  • 最大撮影倍率 0.25倍
  • 質量 225g
  • フィルター径φ49mm
  • 最大径 約φ63mm×約65.5mm

その他特徴

  • 特になし

参考サイト(作例・評判)

デジカメinfo
NEXユーザー必携のレンズ
開放からとてもシャープなレンズ

デジカメwatch

レンズテスト・レビュー(英文)
DXOMARK
LensTip
OpticalLimits(元photozone)
ePHOTOzine
IMAGING-RESOURCE

新品・中古価格(評価)

実際に使ってみた!

おなじみ最短撮影距離チェック。

さすが24mmのレンズです。ここまでよれます。ちなみにピント合わせてるのはレンズの先ではなくOLYMPUSの文字なのでご注意を。

こんな感じ。最短付近でも惚れ惚れするような描写です。

まぁこのくらい寄れれば最短撮影距離より近すぎてピントが合わない!なんてことはそうそうないはず。かなり使いやすいレンズといえそうです。ではでは実際の描写をα7 IIIで撮った作例をどうぞ!

特徴・作例・レビュー

開放F1.8で撮ってみました。

外は雨が降っているので薄暗い中なんですがブレずに撮れてます。ボケも自然です。

姉のカットインっ!

35mm判換算36mmの焦点距離なのでとても使いやすいです。日常を切り取りやすいので子供の撮影は本当にやりやすいですね。

ひっついてくる姉に迷惑そうな顔をする0歳児。この顔よ…

夕暮れどき。これはF8.0だったかな。もちろん絞っても素敵ないい描写。風景派にもおすすめできます。

ごろごろー。なかなか撮りづらい格好でしたが遊びながら撮れます。

フルサイズで使ってみると…

普通に(APS-Cクロップ)で撮るとこんな感じ。35mm判換算36mmの画角ですがフルサイズの24mmの画角だと…

まぁ無理だよね!APS-C用に最適化されているんですねぇ。

まとめ

APS-CのSONY機を持ってるなら是非使ってみて!

いやー、使い方も撮るものも選ばない神レンズです、個人的に。なんでも良さげに撮れるはず。そんなに新しいレンズではないですがめちゃくちゃいいレンズなので是非。

そうそう、古いレンズといえば、このレンズアップデートをしないと最近のボディのファストハイブリッドAFに対応しないので公式ページiconでアップデートを済ませてから撮影に臨んでくださいね。

関連

SONY Eマウント(APS-C)の「もう迷わない!」はこちらから

新品のソニー製品はどこで買う?

icon

中古は一点モノなので出会ったらそこで買うしかありません。

その点、新品ならどこでも買えますよね。なるべく安く手に入る店舗を選びたいところですが、SONYのレンズ・ボディの新品を買うならソニーストアが断然おすすめです。

というのも、メーカーから直接買うと高いイメージがありますが

ポイント

  • 初めての登録なら10%OFFクーポン
  • 使い続けていると感謝クーポン
  • 株主の方は株主優待権
  • 定期的に配信されるお買い物券

が使えます。

意外と最安値付近で買えたりすることもあるので、実はそこまで割高になりません。さらに分割払いや残価クレジットに対応しているので月々の負担をなるべく少なくすることもできます。僕自身、α7 III購入時に残価クレジットを使わせてもらいましたが非常に助かってます。

さらに、ソニーストアを選ぶうえで大事なのがソニーの業界最高の手厚い保証制度です。

icon

それが、水没・破損までカバーする長期保証(ワイド)。

ソニーの機材を買うときにはこの保証に必ず入ります。この長期保証(ワイド)は

ポイント

  • 三脚がぶっ倒れて海に水没しても
  • レンズ交換で手が滑って砕け散っても
  • レンズの中に埃やチリが入っても

無料で修理してくれます。大事に扱っててもレンズ内にゴミが入ることはよくありますからね。

そして極めつけのαあんしんプログラム。ユーザー単位で加入する仕組みなんですが、経由して購入するすべてのレンズにこの長期保証(ワイド)が適応可能という超太っ腹な内容。

つまりソニーストアで買うレンズはすべてこの長期保証(ワイド)の対象となります。

結果として、僕のα7 IIIとα6400は長期保証(ワイド)に、ソニーストアで購入した純正レンズはすべてαあんしんプログラムによる長期保証(ワイド)に守られています。

あ、もしかして延長保証なら近くの量販店でも入れると思っている方いませんか?

ポイント

メーカー保証や量販店の延長保証はユーザーの過失による破損は保証対象外

なんです。

フルサイズのレンズはかなり高価な物が多いですから、修理代に怯えて使いたくない…。

SONYの保証なら安心感が全然違いますよ。

SONYのレンズ・ボディの新品を買うならソニーストアが断然おすすめです。

ソニーストアのメリットはこちら

なお、ソニーでは8/28からキャッシュバックキャンペーンがスタート。今回はボディだけでなく対象のレンズもかなり多いですね。特にボディとレンズを同時購入するとさらに追加で1万円キャッシュバック金額が増える組み合わせがありますので要チェックですよ。

icon icon


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

インスタはこちら

ラインはこちら

ゆきおみ

長女が生まれた時に一眼レフを買ったものの、全然うまく撮れず絶望。3年の猛勉強の末、今ではそこら辺の家電量販店の店員より詳しくなる。コメント欄やLINEで気軽にカメラ・写真のこと相談してくださいね。

-SONY E(APS-C)
-,

Copyright© ゆきおみの子育てカメラブログ , 2020 All Rights Reserved.