【PAPAPAレンズナビ】OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8の作例・評価・評判・特徴を紹介!PENやOM-Dに超オススメの名レンズです!

投稿日:2017年11月15日 更新日:

万能タイプの多い、マイクロフォーサーズ25mm単焦点の中でも優等生と名高いこのレンズ。

見てください、このしっくり感。オリンパスは自分の会社のボディにどういう大きさ、形だとかっこよく収まるのか、きちんと分かってる気がします。質感も悪くないです。小型で重さも軽いですので持ち運びが苦にならないのも大きなポイント。

25mm F1.8というスペックは単焦点レンズとしてはいわゆる「普通」のスペック。明るいには明るいレンズですがとても明るいわけでもなく、小さいには小さいですがパンケーキほど携帯性もよくありません。

「特徴ないなー」と思いきやきちんとコーティングもされており、質感・大きさ等も意外にケチのつけようがなく全く隙のない作りです。LEICA 25mm F1.4も所有していますので、どちらも持っているのを前提にレビューします。

結論から言うと25mmの単焦点で最もオススメのレンズです。

スペック・ネット上の評判

外観



作例・レビュー

仕様

  • 発売日 2013.11.29
  • 絞り羽根 7枚 (円形絞り)
  • 最短撮影距離 0.25m
  • 最大撮影倍率 0.12倍(35mm判換算 0.24倍相当)
  • 質量 137g
  • フィルター径 46mm
  • 最大径 φ57.8 × 42mm

その他特徴

  • ZEROコーティング
  • MSC機構・インナーフォーカス

実際に使ってみた!

特徴・作例・レビュー

OLYMPUS M.ZUIKO 25mm F1.8 レビュー

全体的にいい感じの描写で、解像力は開放からとても高いです。ボケの質も悪くないですが、内側がうるさくなることがあるかも。F1.8なのでそこまでボケは大きくは感じませんが、最短撮影距離が短く、かなり寄れるので大きなボケを作ることも可能です。周辺部では解像力は落ち、周辺光量落ちもありますが、あまり気にならないでしょう。全体的な描写は少し絞っただけで大きく改善します。AFほとんど無音でかなり速く、ほぼ不満に思ったことはありません。

OLYMPUS M.ZUIKO 25mm F1.8 作例

中心部は解放からF2.0~F5.6で最も解像力が高くなりますが、開放から十分な性能です。周辺部はF2.8あたりから十分な描写ですが、F5.6〜F8.0あたりまで絞ると、全体的な解像力はとても高くなり、風景写真にはもってこいになります。

ちなみに過焦点距離はF5.6で7.7m、F8.0で5.5mほど。周辺光量落ちはF5.6あたりで気にならなくなるはず。歪曲は若干残っているようですが、これもさほど気にならないはずです。おみごと。

OLYMPUS M.ZUIKO 25mm F1.8 おすすめ

ほぼいっぱいまで大きく絞ったのが上の画像。ZEROコーティングといえど、ここまですればゴースト・フレアは発生することがありますが、表現の幅と考えていいレベルじゃないかな。変にコントラストが低下することはないのでとても優秀だと思います。また、最短撮影距離は25cmです。ここまで寄れると様々な表現が可能。これまたお見事。

まとめ

普通とか特徴ないとか言ってすみません。素晴らしいレンズです。

まず、25mmの中でも携帯性はトップクラスだということ。近々F1.2シリーズがどんどん発売されますが、さすがに持ち運びしやすい大きさ・重さとは言えません。オリンパスのF1.8シリーズの良さはズバリ機動力

小さく、軽く、それでいて写りがいいレンズばかりです。もちろんこの25mmにも当てはまっていて、カバンにポンッと気軽に入れてバッチリ使えるレンズはまさにマイクロフォーサーズらしいと言えます。

次に、どんな被写体も撮れるということ。このレンズの素性の良さはどんな被写体でも変わりません。ポートレート良し・風景良し・テーブルフォト良し。ほぼ苦手とする被写体はないと言っていいでしょう。とても高いレベルでオールマイティなレンズに仕上がっていると思います。

あえて言うとするならば「ポートレート・開放F1.4撮影」に限定するならPanasonic LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.の方が個人的には好み

実際、娘ばっかり撮ってる僕のメインレンズはLEICAですから。ただLEICAは絞ってもあまり描写はよくならないですので使い道は限定されがち。誰にでもオススメ!というわけにはいきません。使い勝手はこのレンズの方が勝るでしょう。

【PAPAPAレンズナビ】小ズミ!パナライカは子供撮影用メインレンズです!Panasonic LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.の作例・評判・特徴などレビュー!

Panasonic LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH. 通称小ズミでございます。目を引くのはこの大きさ。大ズミの時には大きさにびっくりしましたが、今回は小ささにびっくり ...

続きを見る

そしてコスパがいいのです。上を見れば高いレンズってのはたくさん存在しますが、コストパフォーマンスに優れたレンズは数えるほどしかありません。高ければ良くて当たり前ですから。このレンズは比較的手にいれやすい金額ながら十分な性能を持っています。初心者は写りの良さにびっくりするはず。上級者でも低価格ながら頷くに違いありません。逆にいうとこのレンズで満足できないなら選択肢はかなり限られてくるはず。

小型・軽量で、程よくボケながらピント面は驚くほどシャープ。絞った時の変な癖もなく、寄れる上に、風景もポートレートもなんでもござれ。

個人的にはマイクロフォーサーズの25mm単焦点で最もオススメできるレンズです。

おすすめ記事と広告

-マイクロフォーサーズ, レンズのすすめ
-

Copyright© IK PHOTO LIFE , 2019 All Rights Reserved.